酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

酵素パックを効果的に行う方法とは?

      2015/09/11

酵素パックを効果的に行う方法

酵素パックは通常の洗顔では落としきれない、古い角質もすっきり落とせます。例えば毎日きちんと洗顔をしているのに、なぜか顔色がくすんで見えるとか、毛穴の黒ずみが落ちていないというような悩みを持っている人は、古い角質が落とせていない事が原因と考えられます。

というのも古い角質はタンパク質系の汚れだからです。
通常の洗顔フォームやクレンジングは、メイクや皮脂などの油性の汚れは落としやすいのですが、タンパク質系の汚れまでは落とせません。酵素はタンパク質を溶かす作用があるので、古い角質も無理なく優しく落としてくれます。酵素パックは肌に負担をかけず古い角質を落とせるのもメリットです。

1回の使用でも正しく使えば、古い角質や毛穴の奥の汚れもスッキリと落とせるので、肌色がワントーン明るくなるのを実感できるはずです。初めて酵素パックを使う人は不安などもあると思いますので、顔に使う前に手の甲で試してみる事をおすすめします。

手に使う場合は左右どちらか片方だけに酵素パックをした方が、パック後の違いをよく比較できるので片方だけで試してください。酵素パックをした方の手の甲がワントーン明るくなりますが、顔にも同じ効果が期待できます。

さすがに顔の片方だけというのもやりにくいですし、二度手間になるので顔は一度に済ませてしまいましょう。また酵素パックは鮮度が命という部分が大きいので、使う直前に混ぜ合わせて作るのが一般的です。

酵素パックで古い角質もスッキリ落とせます。

作りたての新鮮な酵素パックを使う事で効果も実感しやすくなります。酵素パックを効果的に使うためには正しく使う事、正しい使い方を把握しておく事も大切です。混ぜ合わせる時に、1包ずつ小分けされている物は分量を間違える事はありませんが、自分で取り分けてから混ぜ合わせるタイプは、分量を正確に測る事も大切です。

メーカーによっては肌質に応じて分量を調節するタイプもありますが、それ以外の物はパウダーが多すぎると粉っぽくなりうまく混ざりません。液体が多すぎると液だれしてしまい、酵素パックの効果も半減してしまいます。

大抵は軽量カップや専用のスプーンがついているので、それを使いましょう。混ぜ合わせる場合にも専用のスパチュラがあると思いますが、最後まで清潔な状態で使えるように、繰り返し使う道具は使い終わった綺麗に拭き取り清潔な状態で保管しましょう。

容器から取り出すときも直接指を入れるのではなく、専用のスパチュラを使います。種類によっても違いますが、顔だけでなく全身に使える酵素パックもあります。毎日ではなくてもかカサつきや黒ずみが気になった時や、手足の露出が増える季節の前のケアなどにも使えるのでこういう意味では幅広く使えるタイプも効果的だと思います。

塗布してから洗い流すまでの時間も、面倒だからと早めに切り上げずしっかりと放置します。
こうする事で酵素パックの効果も十分に発揮できるから、1回の使用でも効果を実感しやすくなります。

人気の酵素パックはどのくらいの頻度で行った方が良いか

酵素は私たち人間が生きていくのに欠かす事のできない成分です。元々体内にも存在していますが消費する量も多いので、食事などから摂取する必要があります。酵素は多くの食材に含まれていますが熱に弱いので、高温で調理しなければいけない食材では効率よく酵素を補えません。

この場合は火を通さずに食せる野菜や果物などから取り入れるのがおすすめですが、足りない場合はサプリメントや酵素ドリンクでも代用できます。酵素は食べたものを消化させエネルギーに変える役目がありますが、消化させる前に分解するという重要なステップがあります。

酵素洗顔はこの分解するという作用を利用して、通常の洗顔では落としきれない古い角質を落とす事を目的としています。そもそも古い角質というのは肌の一部ですが、不要になった角質は肌のターンオーバーで排出されるようになっています。

普段落とせない古い角質も酵素洗顔なら落とせます。

ところが加齢やストレスなどでターンオーバーがうまくいかくなると、角質が排出されず残ったままになってしまいます。古い角質はタンパク質系の汚れなので、通常のクレンジングや洗顔では落としきれません。

タンパク質を分解する作用のある酵素洗顔を取り入れると、擦ったり肌に刺激を与えたりせずに優しく汚れを落とせるのです。酵素洗顔をすると古い角質が取り除かれ、くすみも取れて顔色がワントーン明るくなるのを実感できるはずです。

また古い角質が邪魔していたターンオーバーを正常化させる作用もあるので、肌のキメが整い透明感も生まれるという嬉しい相乗効果も期待できます。酵素洗顔は古い角質だけでなく、毛穴に詰まった汚れも溶かして落とせます。特に黒ずみが気になる小鼻も、酵素洗顔をすれば黒ずみを解消し毛穴を引き締めるので毛穴ケアにもつながります。

酵素洗顔をする場合は通常の洗顔のように毎日は行いません。酵素洗顔にも種類があり毎日使える物もありますが、最初は週に1回から始めるのがおすすめです。ただし肌荒れやニキビの炎症などがある場合は、刺激となる事もあるので肌の状態がおちついてからにしましょう。

通常の洗顔では落とせないタンパク質系の汚れも、スッキリ落とせますが洗いすぎるとかえって肌に刺激を与え負担となります。洗顔方法も種類により多少の違いはありますが、基本的に酵素洗顔はゴシゴシと強くこすらず、たっぷりの泡を立てて泡洗顔をします。

たっぷりの泡でパックすると効果的!

泡パックをするイメージでしばらく放置していると、酵素が古い角質や毛穴に詰まった汚れを分解し浮かせてくれるので、こすらなくても不要な物を洗い流せます。一度使ってみて肌荒れなど問題なく、週に1回の使用ではあまり効果を実感できない場合は、週に2回から3回と様子を見ながら回数を増やしてもOKです。

汚れはスッキリ落とせますがその分肌はデリケートになり乾燥しやすくなるので、洗顔後の保湿はいつもより念入りに行ってください。化粧水は手でつけるよりも、コットンパックをしたほうが浸透力は高まりしっかり保湿できます。

 - パック