酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

洗顔で美貌を手に入れる方法

      2015/10/30

洗顔で美貌を手にいれる方法

洗顔の効果を高める為に自分で出来ることは何がある?

洗顔の効果を高めるために一番必要な事は、良い洗顔フォームを使う事でもなく酵素パワーに頼る事でもなく毎日欠かさずに洗顔する事にあり、最低でも朝と夜、一日二回は絶対にしっかりと顔を洗うのが重要です。

こういう基本中の基本をサボりながら酵素パックを使ったりしても効果は著しく下がりますので、酵素の効果を知ったりするのも大切ですが、まずはサボらずに洗顔する心がけが一番大切になります。

そしてその心がけが出来ている状態で、酵素パワーを手に入れれば洗顔の効果を格段に高める事が出来ますし、自分で洗顔の効果を高める方法を語る上で、どうしても酵素パワーというのは外せない要素なんだと言い切る事が出来るようになります。

お肌の汚れは基本的に皮脂と角栓で、皮脂はつまり油の事を意味しますが、油は弱酸性などお肌にダメージを与えにくい石鹸でも泡立ちの良い優れた物を使えばごっそり落とせますので、油に関しては自分に一番最適だと思われる石鹸なり洗顔フォームを使うだけで十分事足りるはずです。

しかし厄介なのが鼻の角栓となり、これは石鹸でも落とせるとは言えなかなか落ちにくく、酵素パックの力を借りないと効果抜群の洗顔をするのは結構大変な事ですし、石鹸だけで角栓を落とそうとごしごし肌をこすっても痛めてしまうだけです。

と言うのも、角栓は皮脂と違って油ではなく七割以上がタンパク質で出来ていますので、本当に角栓を落とすならタンパク質を分解する酵素を含んだ酵素パックを使うのが一番効果的だからなんです。

一度石鹸の話に戻しますが、石鹸には弱酸性とアルカリ性があり、弱酸性は肌に優しいけど効果が若干弱くアルカリ性は弱酸性と比べて若干肌に対するダメージが強いけど、その分汚れを落とす効果が高いと言われています。

このように石鹸選びも重要になりますが、もし肌が弱いのにアルカリ性を使ってごしごし肌を洗うと乾燥してしまい、そして乾燥は皮脂を増やす原因になりますので、肌を乾燥させず常に潤いを保てるような石鹸選びが重要になります。

そして酵素パックを使う時も、やはり使いすぎると肌がカサカサになって水分が奪われてトラブルの元になる可能性が高く、特に酵素パックは洗浄力がかなり高いと言われているので、酵素パックの使い過ぎは控えるなどの気遣いが重要になるはずです。

洗顔の効果を高めるために自分で出来る事、それは自分の肌を常に潤いのある状態にしつつ皮脂を落とせる石鹸を選び、使い過ぎない程度に酵素パックを利用して角栓を取り除く事です。

適切な物を適切に使っていればその石鹸と酵素パックの効果を最大限に引き出せるしトラブルも回避出来るので、これこそが自分の努力で洗顔の効果を上げる方法と言えるでしょう。

そして適切な利用方法もそうですが、石鹸で皮脂を取り除いて肌をツルツルにする事、そして酵素パックでタンパク質を分解して角栓を取り除く事が洗顔の基本となるので、いかにして油とタンパク質を取り除けば良いのか? という問題を頭に置きながら洗顔したり道具を選ぶ努力も洗顔効果の向上に繋がります。

洗顔によって鼻の黒ずみって消えるの?洗顔と黒ずみの関係

鼻や頬などにできやすい毛穴の黒ずみ、これは毛穴に詰まった皮脂が酸化してしまったためにできるものです。
黒ずみがあると肌色が悪く見えてしまいますし、何とか解消したいと思うことでしょう。

そこで鼻パックやピーリングなどを試してみる方も多いのですが、中々上手く解消できないと言うことも多く見られます。洗顔で黒ずみを解消しようと言うことになるのですが、洗顔で鼻の黒ずみは消すことができるのでしょうか。

確かに洗顔で鼻の黒ずみを消すことはできますが、間違ったケア方法では逆効果となり、毛穴の黒ずみはひどくなる一方です。
たとえば角栓を除去するためのパック、スクラブの入った洗顔料、ゴマージュにピーリング、冷水洗顔と言った方法はかえって毛穴トラブルを増大させるだけです。

黒ずみは毛穴に詰まった皮脂なのですから、皮脂を取り出して上げなければいけませんし、毛穴に皮脂が詰まった状態で毛穴が閉じるはずもありません。毛穴と言うのは、環境によって開閉を繰り返していますから、通常であれば毛穴トラブルも起こらないのです。

ところが黒ずみがあると毛穴は開きっぱなしになってしまい、どんなにパックや洗顔料を試しても黒ずみを解消することはできません。

では黒ずみを解消するためにはどんな洗顔を行えばいいのかと言うと、肌に優しい洗顔を行うことです。洗顔料の多くは洗浄力を上げるために合成界面活性剤を使用していますが、敏感肌の人はもちろん、普通肌の人にもあまりよくありません。

さらに肌質に合っていない洗顔料はいくら使っても効果を発揮しませんから、普通肌、乾燥肌、敏感肌、脂性肌、混合肌に合わせた洗顔料を選ぶ必要があります。

洗顔する際に大切なことを挙げると、こすりすぎないこと、余分な皮脂まで落としてしまわないことです。毛穴の黒ずみを押し出そうと鼻を意識的にごしごしこすってしまうと、肌に摩擦が生じて刺激となり、毛穴トラブルがひどくなります。

たっぷりの泡で包み込むように優しく洗顔することがのぞましく、こすりすぎるとくすみの原因となってしまいますので気をつけましょう。

また肌は潤いを内側にキープするために皮脂を必要とするのですが、肌の水分との割合は8対2とされています。わずか2割にしか満たない皮脂を落とさずに洗顔すると言うのは実はそれほど難しいことではなく、洗浄力が強すぎない洗顔料を選ぶことで解決できます。

参加してしまった皮脂だけを落とすように意識し、皮脂全部を落とさないようにしましょう。皮脂を落としきってしまうと肌の水分はどんどん逃げていき、乾燥してしまいますから、余計に毛穴が広がる自体に陥ります。

口コミなどを見ると、潤いをキープしながら洗顔できる洗顔料やW洗顔のいらない肌に刺激を与えない洗顔料などがあります。また鼻の黒ずみ解消のために開発された洗顔料もありますので、参考にしてみてください。

あなたに合った洗顔料で優しく洗い上げ、鼻の黒ずみを解消していきましょう。

 - パック