酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

腸内環境を整えようと思った時に見る記事

      2015/10/06

腸内環境を整えよう!

腸内環境を整えるためにやっておきたい事

酵素には大きくわけると消化酵素代謝酵素という種類があり、その内消化酵素が特に腸内環境と深い関係があると言われています。食べ物を食べた時には、消化酵素が働くことで消化が行われ、栄養が小腸で吸収されるようになっており、そのため酵素が不足してしまうと消化不良を起こしたり腸の働きが低下してしまったりするのです。

腸内環境が悪くなると、便秘を起こす原因となるだけでなく、アレルギーやそのほかの病気を引き起こす原因となることもあるため注意しておく必要があります。このようなことから、酵素をしっかりと摂っておくことが腸内環境を整えるひとつの方法として注目されていて、ドリンクやサプリメントで酵素を補うことが人気になっています。

もちろん腸内環境を正常にし、よい状態に保つためには消化のよい食べ物を食べるということも重視し、食事内容を改善させるということも意識しなければいけません。

脂っこいものや刺激の強い香辛料を多く使っているもの、アルコールなどを摂り過ぎていると胃腸に負担がかかってしまいます。消化に負担がかかってしまうと、食べ物が腸内で腐敗してしまい、悪玉菌が増える原因となり、腸内環境が悪化してしまいます。

脂っこいものや刺激の強いものは胃腸に負担がかかります。

消化がよいものを食べていれば、消化する時に消費される消化酵素を節約することができ、その分体内から酵素が失われることを防ぐことが可能になると考えられています。このようなことに注意しながら、さらに酵素をたっぷりと含んでいる生野菜や果物、刺身や発酵食品などを多く食べるようにしていけば、酵素が不足してしまうということはなくなるでしょう。

酵素が十分に体内にあれば、自然と善玉菌を増やすことができ、腸内環境が整って、便秘などの症状を改善できると言われています。

ただし、生野菜や果物などを食べると、体が冷えてしまうことがあるため食べすぎには注意が必要とされています。特にもともと胃腸が弱く、下痢をしやすいというような人は、あまり多くの生野菜や果物を食べると、逆に下痢の症状が起きることがあるとも考えられるので注意してください。

このような場合には、酵素が配合されているドリンクやサプリメントを活用するように工夫してみることをおすすめします。酵素が配合されているドリンクやサプリメントは多くのメーカーが販売しているので、自分が飲みやすいと思うものを選んで、継続して飲むようにしましょう。

すぐには効果が現れないことがありますが、継続して飲むことでゆっくりと酵素が体に作用して、腸内環境を改善できると考えられています。消化酵素が体内でしっかりと働くようになると、もうひとつの酵素である代謝酵素の働きもよくなり、基礎代謝がアップするという特徴があるため、ダイエットなどにも効果的に働きかけることができると思われます。

健康を維持するためにも、酵素が不足しないように食事の管理をし、酵素ドリンクやサプリメントを使って補給するように心がけましょう。

腸内環境を整えるのにヨーグルトは有効?なぜヨーグルトは良いのか?

今回は腸内環境を整えるためにヨーグルトは有効なのか? という問題を解説していきますが、その前に腸内環境の仕組みというのを簡単におさらいしておきましょう。

まず腸内には様々な細菌がありますが、とにかく善玉菌を多く保つ事が絶対条件であり、柔らかく言えば悪い細菌を極力減らして良い細菌だけ残しておく事が腸内環境を整える事になる訳です。

そして善玉菌を増やすためには正しい食生活が必要になるだけではなく、腸内の善玉菌を増やす食べ物を積極的に摂取する事が条件となり、その善玉菌を増やす食べ物こそがヨーグルトなのです。

ヨーグルトを摂取することで腸内の善玉菌が増える!?

ヨーグルトは善玉菌を増やすための成分が多く含まれているので、今回のテーマの結論を先に述べるならヨーグルトを積極的に食べる事で腸内環境を良くする事が出来ます。では善玉菌を増やす成分とは何かという話になりますが、まずヨーグルトに多く含まれている乳酸菌が大きなポイントを占めており、この乳酸菌を腸内に取り込む事で善玉菌を多く保つ事が可能になります。

また、ヨーグルトには腸内環境を整えるための酵素が含まれており、ヨーグルトに含まれる酵素を体内に摂り入れる事で更に善玉菌が増えるという側面もあり、とにかく酵素は体内を正常に維持する上で欠かせない要素ですから、これもヨーグルトが腸内環境を良くする理由になります。
しかし一つ注意しなくてはいけない点があり、乳酸菌というのはなかなか腸内に定住しずらいと言われているので、少しヨーグルトを食べただけでは善玉菌を増やす事は出来ませんし、体で実感出来るほどの効果は期待出来ません。

従って、確かにヨーグルトは腸内環境を整えるのに有効だけど、本当に腸内環境を整えるためには毎日のように食べる必要があると言えるのですが、さすがに毎日ヨーグルトを食べるのは大変だし、いくら健康的な食べ物とは言え偏りすぎた食生活は不健康に繋がります。

ですから、腸内環境を良くするならヨーグルトだけに頼るのではなく、チーズなどの乳製品のように他の食べ物でも乳酸菌を積極的に摂取する事が肝心になりますので、あくまでもヨーグルトを中心にして乳酸菌を沢山摂るという考え方が一番効率的であり健康的です。

チーズなどの乳製品も積極的に摂取しましょう。

今回のお話を一度まとめますが、まずヨーグルトは絶対的に腸内環境を整える役割を持っており、その理由はヨーグルトに善玉菌を維持するための乳酸菌と酵素が多く含まれているからです。
しかし乳酸菌や酵素を少し摂取しただけで善玉菌を大幅に増やす事は出来ないので、ヨーグルトだけに頼った食生活で腸内環境を整えるのは難しく、ヨーグルト以外の食品からも積極的に乳酸菌を摂取する事で始めて腸内環境を整えられる訳です。

もちろん乳酸菌以外にも腸内環境を整える成分を含んでいる食べ物はありまして、特にバナナはアミラーゼと呼ばれる消化酵素を含んでいるので消化が良くなりますし、腸内環境の改善をしてくれるオリゴ糖に分解してくれるので非常にオススメです。

確かにヨーグルトだけで腸内の環境を良くするのは大変ですが、それでもヨーグルトに多くの乳酸菌が含まれている事は事実ですから、ヨーグルトを中心に乳酸菌や酵素を多く摂取すれば、自分の腸内環境はどんどん良くなっていくはずです。

 - 体質