酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

パパイン酵素で洗顔をする方法とは?

      2015/05/08

パパイン酵素洗顔でお肌トラブルをスッキリ解消
パパイン酵素は青パパイヤから採取される酵素のことです。
もともとこのパパインというのはたんぱく質を分解する酵素の一つであるプロテアーゼの内、システインプロテアーゼとして知られています。パパイン酵素が作られるには、成熟していないパパイヤの果実と混濁果汁を乾燥させる必要があります。

未成熟のパパイヤには非常に多くの酵素が含まれており、もっとも気になる脂質、糖質、たんぱく質を分解し、消化してくれます。パパイン酵素配合の洗顔料がおすすめ。しかもパパイン酵素のすごいところは、すでに老化してしまった細胞のみに働きかけ、今働き盛りの細胞には一切働かないということです。

そのため古い角質によって起こるニキビ、くすみ、シワ、シミなどの肌トラブルに効果が高いとされており、パパイン酵素配合洗顔料を使うと、古い角質を分解、除去し、肌トラブルを改善してくれるのです。日本でも酵素洗顔料としてパパイン酵素が使われており、メーカーによっては30年以上愛され続けているものもあります。

パパイン酵素で洗顔の方法

古い角質や皮脂をしっかり落とします。パパイン酵素で洗顔する方法は簡単です。
洗顔料のほとんどはパウダー状になっていますので、適量を手に取り、ぬるま湯で泡立てて優しく肌を包み込むように洗うだけです。すると古い角質や皮脂をしっかりと分解除去してくれますから、洗い上がりの肌にはくすみ、ざらつきが見られず、つるつるになっているのです。

しかも肌に必要な潤いをそのまま保持する洗顔料が多いため、一般的に酵素洗顔に多いといわれている余分な角質まで落として肌のバリア機能を妨げる心配もほとんどありません。あとは保湿化粧水や美容液で必要なスキンケアをしてあげればいいだけです。

エイジングケアにも役立ちますから、翌朝起きたときには肌の色が明るくなっていますし、即効性がありますので、洗いあがりの顔を鏡で見たときに、洗顔前との違いを実感することができるでしょう。

特にパパイヤの産地であるフィリピンでは、イボ、魚の目の治療にパパイン酵素を使用しています。殺菌効果もあるため、洗濯やトイレ掃除など幅広く使われているのです。化粧品以外にも、ダイエット効果が期待されており、軽度の運動で中性脂肪や肝脂肪の年少を促してくれます。そのため動脈硬化、糖尿病などの改善効果が期待されているのです。

パパイン酵素による洗顔は、肌の悩みを一掃し、新しい肌に生まれ変わるために役立ちます。
メーカーによってはピーリング洗顔料として販売していることもありますが、パパイン酵素は体全体に効果を発揮。この場合はAHAやフルーツ酸という成分表示がなされているようです。しかしパパイン酵素そのものの効果を実感したいというのなら、パパイン酵素のみを使った洗顔料を選んでみると良いでしょう。

入浴剤にも使われているパパイン酵素は、顔だけではなく体中の悩みに対応してくれる優れた酵素です。洗顔すれば肌の悩みも解決できますから、特に夜10時~2時までのゴールデンタイムにしっかりとケアできるよう、夜使ってみると良いでしょう。

肌の角質や角栓に悩んでいる方は、パパイン酵素を試してみてください。

 - 洗顔