酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

潜在酵素の働きについて知っておこう!

   

酵素という言葉をよく耳にするようになりましたが、潜在酵素という言葉はまだまだ知らないという人も多いのではないでしょうか。
潜在酵素とはどういうものなのか、またその働きについて少しご紹介したいと思います。

酵素には、消化酵素と代謝酵素というものがありますが、そのどちらも人間の体の中に存在しているものです。
そしてそれらの酵素は、体の中でも作られるのですが、生きている間、常に必要な量が作られるというのではなく、体内で酵素を作られる量は決まっているのです。
その一生で作られる酵素の量のことを潜在酵素と呼んでいます。
潜在酵素は、ボディエンザイムとも言われているのですが、何となく聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。

体の中で作られる潜在酵素は、休みなく作られていますが、いつも同じ量を常に作っているのかというとそうではありません。
その時の体調によって、どの位の酵素が必要なのかを読み取り作られているのだといいます。
そして1日の中で一番多く酵素が作られる時間帯は、夜の10時から朝方の4時くらいの眠っている時間帯に一番多く作られているそうです。

潜在酵素の種類には消化酵素と代謝酵素の2種類がありますが、作られる量は同じというわけではなく消費してしまった酵素の量とのバランスが重要となっています。
例えば、暴飲暴食しすぎてしまった時には、消化酵素が多く使用されるのですが、消化酵素が体内で多く使われてしまうと、代謝酵素が不足してしまうという自体にもなりかねないですし、またその逆も考えられます。
この体内にある2種類の酵素のバランスが悪くなってくると体調不良を起こしてしまうので注意が必要です。

潜在酵素は、体を健康にそして元気でいるためには欠かすことのできないものですが、体内で調整しながら作られているなら安心と思っていてはいけません。
潜在酵素は、生きている間、ずっと作り続けてくれるというわけではないのです。
体の中で作ることのできる酵素の量は、生まれた時にはもう既に決まっていて、その量を作り終えてしまい酵素が体内になくなってしまった時が命を終える時だと言われています。

潜在酵素は、生きているあいだ中、使うことには間違いありません。
しかし限りある洗剤酵素を節約することができます。

潜在酵素を節約するためには、体の中で作る量や頻度を少なくするために食べ物から酵素を取り入れていくように心がけることです。
酵素は、熱に弱いので果物や生野菜などの火の通していない食材から摂るようにします。
生野菜は苦手という場合は、サプリメントや酵素ドリンクと言われるものが販売されているので、そのようなものを利用するというのも良い方法です。
どちらにしても、潜在酵素は生きていく上では必要不可欠なものだけど、ずっと体の中で作り続けてはもらえないんだということを理解した上で酵素を上手に毎日の生活の中で取り入れていくようにすると良いと思います。

 - 酵素の基礎知識