酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

肌年齢を若くするための洗顔について覚えておきたい事

      2015/06/29

肌年齢を若くするための洗顔
女性の場合には肌年齢が気になると思いますが、肌年齢を若くするための方法はたくさんあります。
中でも女性は外に出るたびに化粧をするので、しっかりと洗顔を行うことも肌年齢を若くするためには重要なことです。
洗顔するだけだから、普通に行えばよいのではと思う人もいるでしょうが、実は洗顔方法が間違っている人が多い傾向にあります。
そこで肌年齢を若くするための洗顔方法を簡単に解説させていただきます。
洗顔で重要な点は、石鹸の選び方です。
石鹸はすべて同じ種類ではありませんし、人によっても多少選び方が変わってきます。
人間の肌質は大きく分けて4通りあるのですが、肌が脂っぽい脂肌の人や、脂っぽくもなく乾燥もしていないという普通の肌の人は、牛脂やパーム油がメインになっている石鹸を選ぶとよいでしょう。
牛脂やパーム油の石鹸には、ステアリン酸やパルミチン酸という成分が含まれているのが特徴で、皮脂を洗い流すのに適していると言われています。
酵素を含んでいる石鹸なども効果的ですし、肌にもよいので若い肌を保つには最適です。

逆に肌が乾燥しやすい乾燥肌の人や、なんでも敏感に感じてしまう敏感肌の人は、オレイン酸がメインの石鹸を使うとよいでしょう。
オレイン酸は洗浄力が若干弱いものの、乾燥肌の人や敏感肌の人は、強い洗浄力の石鹸を使うと、肌にダメージを与えてしまうこともあります。
よって若干洗浄力が弱い石鹸の方が適しているのです。
もっとしっかり洗いたいという場合には、石鹸の種類を変えるのではなく、2度洗いすることが肌を若く保つ場合には重要だと言えるでしょう。
乾燥肌の人や敏感肌の人にもおすすめできるのが酵素入りの石鹸なのですが、酵素は自然の物なので、あまり肌質に関係なく使用できるという利点があります。
しかし、酵素以外に何が含まれているのかという点には十分注意しましょう。

肌を若くするためには、石鹸の選び方だけではなく、洗顔方法もしっかりと覚えておく必要があります。
基本的なことは、強くこすらないことと、手のひらであらかじめ泡をしっかりと立ててから洗うことがよく知られています。
強くこすらないように注意するのは、洗顔のときだけではなく、タオルで水分を拭き取るときにも同じことが言えます。
こするのではなく泡で洗うということが肌へのダメージを減らし、若い肌にすることにも繋がってくるので、十分注意しましょう。
このように泡で洗うことを、ポンピング泡洗顔と呼んでいるのですが、このポンピング泡洗顔が基本となります。
どのようにすればポンピング泡洗顔が正しくできるのかというと、まずは石鹸を両手でしっかりと泡立てます。
次に顔へ泡を馴染ませるのですが、このときにはやさしく肌へ泡を伸ばしていきます。
伸ばすときには円を描くようにするとよいでしょう。
十分伸ばしきったら、今度は軽く肌を叩くようにして洗顔をするのですが、もちろん音が大きく出るような叩き方をしてはいけません。
叩くというよりも、触れるという感じがよいでしょう。
最後に泡を洗い流すのですが、このときも強くこすってはいけません。
そして水を拭くときも同様なのですが、このポンピングという方法は、洗顔だけではなく洗い流すときや拭くときにも必要な方法なのです。

 - 酵素の基礎知識