酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

必見!ダイエット効果がある代謝アップ酵素ジュースレシピ

      2015/06/18

近年、酵素がダイエットに良いというのはあらゆるメディアで取り上げられていますが、効果が得られる一番の理由は代謝が上がるからです。
身体に脂肪がつくのは、糖分や油分などの摂り過ぎやカロリーの過剰摂取ということも原因ですが、それよりも代謝の低下が大きく関わっています。
極端な言い方をすると、代謝が活発であれば脂肪はどんどん燃焼されるので、痩せやすく太りにくい身体になりますから太ることはありません。

酵素は、代謝を促進したり消化吸収をサポートする働きを持っているので、基礎代謝や新陳代謝をアップする効果が期待できます。
代謝が上がれば血液の流れも良くなって体温も上がり、汗もかきやすくなり脂肪も燃焼されやすくなりますし、余分な脂肪や老廃物の排出もスムーズになります。
だからこそ酵素はダイエットに必要不可欠であり、酵素を摂ることで痩せやすく太りにくい体質へと改善することができるのです。

酵素ジュースはフレッシュな酵素をまるごと摂ることが出来るので、飲むだけで優れたダイエット効果が期待できますが、食材によってさらにその効果を高められます。
ただし、人によって太り方は違うので、自分の太り方にあった酵素ジュースを飲むことが効率よく痩せるポイントになります。
全身ぽっちゃりというタイプは脂肪を分解する酵素が含まれる食材を摂るのがおすすめです。
脂肪を分解するリパーゼが含まれるのは、大根や人参、セロリ、いちご、トマト、グレープフルーツ、パプリカなどがあるので、こういった食材を使いましょう。
トマト2個とグレープフルーツ1個を組み合わせればさわやかな酸味の酵素ジュースになりますし、人参1本、大根5cm、オレンジ1/2個なら甘味がありお腹に溜まる酵素ジュースが出来るので朝食代わりに飲みましょう。

下半身が太っているタイプは消化を促進するアミラーゼが豊富な食材を摂ってください。
一例としてはキャベツやモロヘイヤ、スプラウト、れんこんや長芋、アボカド、ぶどう、桃、りんごなどがあります。
アボカド1/2個、ぶどう15粒、水50mlなら抗酸化作用も同時に得られますし、キャベツ1/8個、りんご1/2個、モロヘイヤ1/2束、水50mlならむくみ取りに効果的です。

筋肉に脂肪がついた霜降りタイプの場合は、プロテアーゼという酵素でタンパク質を分解するのがダイエットへの近道です。
この酵素はパパイヤやパイナップル、マンゴー、キウイ、バナナ、セロリ、しょうがなどの食材に多く含まれています。
キウイ1個、バナナ1本、水50mlは甘味が強くデザート的に楽しめますし、セロリ1/2本とパイナップル1/4個、しょうが3かけで作ると代謝が活性化されます。

このように太り方に合わせて食材を選ぶことで、代謝アップとプラスαの効果を得られるので、より効率よくダイエットをすることができます。
特に、朝に代謝を上げておくと、脂肪を燃焼しやすい状態が1日続くので、これらのレシピを朝食代わりに飲むのがおすすめです。

 - 酵素の基礎知識