酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

むくみ解消におすすめの酵素ジュースレシピ

      2015/03/17

むくみ解消におすすめの酵素ジュースレシピ
むくみを解消する方法としては、リンパマッサージをするというのがもっともメジャーですが、この方法だと一時的な効果しかありません。確かに、滞っているリンパや血液を流せばむくみは解消されますが、何らかの原因で滞ってしまっているのですから、それを解決しない限りまたすぐに流れが詰まってむくみが引き起こされてしまいます。

例えば朝のスキンケアの時にしっかりマッサージをしてすっきりしても、お昼ごろには目が腫れぼったくなったり、フェイスラインがぼやけたりするという方も多いでしょう。これはむくみがきちんと改善されていない証拠なので、むくみを本当に解消するためには根本的な改善が必要になるのです。

リンパマッサージは一時しのぎむくみが起こるのは冷えや運動不足などで血液やリンパの流れが悪くなるということと、塩分などの摂り過ぎで血液内のナトリウム量が増えてしまうことなどが原因と考えられます。
ですので体内から身体を温める、ナトリウムの排出を促進することがむくみ解消のポイントになります。

こういった効果を持っているのが酵素です。酵素は血液をさらさらにして流れを促進したり、腎臓の機能を正常化して尿によってナトリウムを排出する働きをしてくれます。また酵素にはデトックス効果もあるので、体内に溜まった老廃物や余分な水分を押し出してくれます。つまり、酵素を摂取することでむくみを元から改善する効果が期待出来るのですね。

むくみに効果的な食材で作る酵素ジュース

むくみ解消にイソフラボン豊富な豆乳むくみに効果があると言われているのは、カリウムを多く含むスイカやバナナ、キウイ、メロンなどの果物、イソフラボンが豊富な豆乳、そしてレモン汁です。ですのでむくみ解消のために酵素ジュースを飲む場合は、これらの食材を使うようにするといいでしょう。

おすすめレシピは、バナナと豆乳、メロンとレモン汁、バナナとキウイとミネラルウォーターというような組み合わせです。バナナと豆乳は甘くて飲みやすいですし、メロンとレモン汁は甘いけどさっぱりとした飲み心地です。バナナとキウイは甘味がありますが、ミネラルウォーターを加えることでサラっと軽く飲むことができます。

つくり方はとても簡単で、バナナと豆乳やバナナとキウイなどの割合は基本的に1対1で後は好みに応じて好きな食材を多めに使っても構いません。メロンとレモン汁は3対1ぐらいがさっぱりしますが、甘めが良いという場合は5対1ぐらいの割合でもいいでしょう。

濃い味が好みの方は控えめにしましょう。もちろん他の食材でもむくみを解消する効果は期待できますが、これらの食材を使ったレシピはむくみ対して特化した効果を持っているので、効率よくむくみに働きかける酵素ジュースが飲みたいという方はこのレシピを参考にしてください。

また、1回や2回飲んだだけではマッサージ同様に効果も一時的になってしまうので、毎日飲み続けるのが解消の一番のポイントになります。冷えがひどい方は冷え性が改善されるまで、濃い味付けが好きな方は食生活を改善して低い塩分濃度になるまで、というのが続ける目安になりますが、体質が改善できるまでは飲み続けるようにしてください。

 - 酵素の基礎知識