酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

酵素が多く含まれている野菜の特徴とは?

   

酵素不足解消の為、食物酵素を取り入れようと思っている方も多くいると思います。
食物酵素が多く含まれている野菜は、大根、ニンジン、レタス、セロリ、キャベツなどが挙げられます。
どの野菜も生のまま食べる事ができ、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているという特徴を持っています。
酵素は50度以上の加熱で死滅してしまうと言われているので、これらの野菜は生のまま食べる必要があります。
生野菜サラダにして食べるのが一番簡単ですが、サラダにするならエキストラバージンオリーブオイルを使ったドレッシングで食べるのがおすすめです。
エキストラバージンオリーブオイルも酵素が多い食品の一つなので、効率的に酵素の摂取が可能なのです。

ただ、酵素が多く含まれている生野菜は体を冷やす心配があります。
冷えが心配な方は、体を温める作用のあるショウガやネギ、ニンニク、根菜類などを使った料理を一緒に摂ると良いでしょう。
スープにして摂ると体がよく温まるのでおすすめです。
効果的に食物酵素を摂取するなら、野菜をすりおろすと良いでしょう。
例えば大根にはデンプン質を分解する酵素を始めとした、たくさんの酵素が含まれていますが、すりおろす事で酵素のパワーを最大限に摂取する事ができます。
皮付近や先端部分にはより多くの酵素が含まれているので、すりおろす時は皮ごとすりおろすのをおすすめします。

また、ニンジンはベータカロテンが多く含まれており、抗酸化作用もあるとても栄養価の高い野菜なので、積極的に摂りたい野菜の一つです。
ただし、ニンジンにはアスコルビナーゼというビタミンCを破壊する酵素が含まれているので、できればこの酵素の働きを抑えるレモンや酢を一緒に摂るのが良いでしょう。
例えばニンジンジュースにしてしまうのはどうでしょうか。
すりおろすと細胞が壊される事で酵素が表面に出て活性化するので、効果的に食物酵素を取り入れる事にもなります。
生のはちみつにも食物酵素が豊富に含まれているので、ジュースにするならはちみつを入れてもいいかもしれません。
野菜はすりおろす事で効果的に酵素を摂取できますが、空気に触れると酸化してしまう為、調理したらすぐに食べる必要があります。
ジュースにした場合も同様なので作り置きはNGです。

食物酵素は消化酵素のサポートをしたり、体内酵素の活性化をしたりなどの働きを持っていますが、毎日食事に気を使うのも大変です。
酵素食は続けなけれは意味がありませんから、手軽に続けられるようにいろいろ工夫してみましょう。
例えば、サプリメントやドリンクなどの酵素食品を上手く取り入れてみるというのも一つの手です。
長く続ける事ができるように、面倒な時は簡単に済ませてしまうのもアリだと思います。
体内酵素は30代頃から減少していき、50代には若い頃の約半分程度になってしまうのだそうです。
酵素不足は体調不良や肥満の元だと言われていますから、酵素不足解消の為、食物酵素を普段から意識して摂取するようにしましょう。

 - 酵素の基礎知識