酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

なぜ酵素は減少するのか?酵素が減る原因について知ろう

   

人の体の中には酵素があり、消化や代謝などの生きていく為に必要な体の働きに大きく関わっています。
つまり、人は酵素がなければ生きていく事はできないのです。
体内で生成される酵素ですが、作られる量には限界があり、また、加齢によって減少していきます。
そして、若いからといって安心はできず、若くても酵素不足はあるのだといいます。
そもそも酵素には消化酵素と代謝酵素の2種類がありますが、元々は同じものだと考えられています。
体内で生成される酵素の量には限界がある為、どちらかが多く使われればもう一方は減少してしまうという事になります。
例えば、消化に多く使うと代謝に使う酵素の量が減ってしまうという事です。

代謝酵素は消化酵素が作ったエネルギーを人の生命活動に変換する大切なものです。
立ったり歩いたり、息をしたり、ものを考えたり、そして、老廃物の排出やウィルスとの戦い、肌の新陳代謝など、代謝酵素は人が生きていく上で重要な働きに大きく関わっているのです。
加齢によって体内で生成される酵素の量は減少していきますが、それ以外でも日頃の生活習慣で酵素不足は起こります。
睡眠不足やストレス、喫煙などの不健康な生活習慣は、酵素の生成に影響を与えます。
健康的な生活を心がける事は大切だと言えるでしょう。
また、最も重要なのが食生活で、インスタント食品やジャンクフード、ファーストフードなどを好んでよく食べる方や、お酒をよく飲む方は注意が必要です。
偏った食生活や暴飲暴食は、酵素不足の一番の原因といっても過言ではありません。

体内には消化酵素と代謝酵素がありますが、実は食べ物から摂取できる食物酵素というのもあります。
食物酵素は体内に入ったからといって体内酵素になるというわけではありませんが、消化をサポートしてくれるという働きがあります。
つまり、食物酵素を摂取すれば消化酵素の消費を抑える事ができるのです。
また、もともとある体内酵素を活性化させる働きもあるといいます。
食物酵素は生野菜や果物、生魚、発酵食品などに多く含まれており、熱に弱いという特徴があります。
50度なら2秒で死滅してしまう為、食事から食物酵素を摂取する場合には注意が必要です。
食物酵素を効果的に摂取するには基本時に生で食べる必要があるのですが、例えば生野菜は体を冷やす、生だと量が取れないなどという理由で生野菜を食べないという方もいるのではないでしょうか。

また、果物も太ると考えて食べないようにしている方も多いはずです。
このように良かれと思ってしていた事が、結果的に酵素不足につながっている場合があります。
古くから食べられていた和食は、発酵食品などを上手に取り入れた優秀な酵素食ですが、近年は欧米化した食生活が当たり前となっているので意識しなければ酵素を食事に取り入れる事が難しいと言えます。
食物酵素を取り入れた食事を意識し食生活を変える事が、酵素不足の解消へ向けての一歩です。
酵素ドリンクやサプリメントなどを上手く利用すれば、簡単に改善できそうなので試してみてはいかがでしょうか。

 - 酵素の基礎知識