酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

欠かせない酵素の基礎知識について

      2015/06/18

近年、酵素という言葉をよく耳にするようになりました。
体に良い、ダイエットに良いなどと評判になっているので、興味を持っている方も少なくないでしょう。
人気の酵素ドリンクを試してみたい、あるいは試してみた事があるという方も多いのではないでしょうか。
そもそも酵素とは、人が生きていく為には欠かせないものです。
人の体内では主に消化と代謝に使われており、体内で生成されている酵素は体内酵素、野菜や果物などの食品に含まれている酵素は食物酵素として区別されています。
体内酵素は消化酵素と代謝酵素として働いており、口にした食べ物を消化、吸収させてエネルギーにし、新陳代謝や解毒、免疫力アップなどの生命活動の維持に大きく関わっています。

しかし、体内の酵素の量は決まっていて、消化酵素として多く使ってしまうと代謝酵素が減少し、逆に代謝酵素を多く使うと消化酵素が減少してしまうという事になるといいます。
例えば、消化の良くない油ものやお肉などを好んで食べたり、食べ過ぎたりすると消化酵素を多く使うので、代謝酵素が少なくなって肌の調子が悪くなったり、胃の調子が悪くなったりします。
また、病気になった時には代謝酵素を多く使うので食欲が落ちます。
これらは、体内の消化酵素と代謝酵素のバランスが関係しているのです。
現代人の欧米化した食生活では、体内の酵素のほとんどを消化酵素として使ってしまい、代謝酵素にまわす事ができずにいるのが現状だといいます。
そうなると代謝が滞り、肌の調子が悪くなったり肥満や体調不良などとして体に現れるのです。

また、加齢に伴い体内の酵素の量は減少していくのだといいます。
その為、年齢が上がるにつれ、なんとなく体調がすぐれない、疲れやすくなった、太りやすくなったなどの様々な体の不調が現れてくるのだといいます。
もちろん体の不調は酵素不足だけが原因ではありませんが、酵素不足が原因の1つと考えても良いでしょう。
酵素が不足すると消化に多く酵素をとられるので代謝が悪くなり、血液の循環が悪くなって身体が冷えたり、老廃物の排出が滞って便秘になったりなど、不調を感じやすくなるのです。
そんな酵素不足の解消の為におすすめなのが食物酵素を摂る事です。
ただし、食物酵素を摂ったからといって体内酵素が増えるわけではありません。

様々な食品に含まれている食物酵素は、消化を助ける働きをするので体内の消化酵素サポートをしてくれます。
つまり、食物酵素の摂取は消化酵素の節約に繋がるので、その分代謝酵素にまわせる事ができるのです。
食物酵素は野菜や果物、魚、発酵食品に含まれていますが、酵素は熱に弱い性質がある為、それらを生で食べる必要があります。
野菜なら生野菜サラダ、魚なら刺身、また、納豆やぬか漬けなどの発酵食品を積極的に普段の食事に取り入れたいものです。
場合によっては、酵素ドリンクやサプリメントなどの健康食品を取り入れるのもいいかもしれません。

 - 酵素の基礎知識