酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

押さえておこう!食物酵素の働きをとことん追求

   

酵素は人間が生きていく上で欠かせないものであり、消化や代謝に大きく関わっています。
私たちの体の中で働いている酵素は体内で作られていますが、食べ物の中にも含まれており、これを食物酵素といいます。
食物酵素は発酵食品や野菜や果物、そして生魚などに含まれていて、消化を助ける働きをします。
体内酵素は消化と代謝に使われていますが、食物酵素を摂取する事で消化に関わる酵素を減らす事に繋がるといいます。
その為、代謝により多く使うことができるというのが食物酵素を摂取するメリットだと言われています。

代謝酵素は体を動かすエネルギー源となり、新陳代謝や解毒、免疫力の向上などの働きをして生命活動の維持をしています。
ですから、食物酵素の働きによって体内酵素を代謝酵素に多くまわせる事が、健康維持に繋がると考えられています。
食品から取り入れた酵素が、そのまま体内酵素となって働くと勘違いしている方も少なくないかもしれませんが、消化を助ける事で消化酵素をサポートすると考えた方が良いでしょう。
事実、食物から摂取した酵素は胃酸によって分解されてしまう為、殆ど栄養分としては吸収されることはないといいます。
しかし、食べ物の栄養を強化し、消化吸収を高める作用があり、それが結果的に体内酵素の活性化に繋がるのです。
ですから積極的に酵素を多く含む食品を摂取するように心がける事が大切です。
ただし、熱に弱く加熱処理に向かないという欠点があるので摂取方法に注意が必要です。
発酵食品や野菜、果物、魚など、食物酵素を含む食品は多くありますが、生のまま食べなければ意味がありません。
酵素を摂取したいのなら、例えば魚なら刺身で食べる必要があるのです。

また、食物酵素と一口に言っても多くの種類があるので、いろいろな食品を食べるのがおすすめです。
発酵食品なら納豆や漬物、味噌、醤油など、野菜ならレタス、キャベツ、ニンジン、セロリなど、果物ならパパイヤ、アボカド、キウイ、バナナなどに多く含まれているといいます。
中でも特に発酵食品は優秀だと言われており、酵素の働きを助けるビタミンやミネラルもバランスよく含まれている為おすすめです。
発酵食品とはビフィズス菌や酵母菌、納豆菌などの微生物が繁殖する事によってできる食品の事で、風味が良くなったり保存も効く事から古くから親しまれています。

ビタミンB群などのビタミンやマグネシウムやイオウなどのミネラルは酵素の働きをサポートしてくれる大事な栄養素です。
これらの多くのビタミンやミネラルが豊富に含まれている発酵食品は、体内酵素の活性化に繋がるすばらしい食品と言えるでしょう。
日本で古くから食べられている味噌やぬか漬けなどの和食は、食物酵素の宝庫とも言えるものですが、近年の食の欧米化に伴い意識せずに食物酵素を食事に取り入れるのは難しい状態と言えるでしょう。
その為、今話題となっている酵素ドリンクやサプリメントなどを上手に利用するというのも一つの手でしょう。

 - 酵素の基礎知識