酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

体内酵素と外部酵素の違いについて紹介

   

酵素の種類には色々な分け方があるのですが、人間の体内で合成されるものが体内酵素であり、食物から摂取して取り入れるものを外部酵素と呼びます。
体内酵素はわざわざ外部から摂取しなくても、自然と人間の体の中で合成されます。
主に化学反応の触媒として機能し、これによって化学反応の速度を促進させることができるのです。
体内酵素として、消化酵素と代謝酵素があり、これらはそれぞれ特徴的な機能を有しています。
また消化酵素の役割としては、食べ物を分解して、吸収しやすい形の栄養素に変えてくれます。
そして消化酵素がきちんと働いてくれないと、食べ物を摂取したとしても、それを吸収しやすい形に変えることができなくなります。
消化酵素はそれぞれ種類によって分解できる物質が異なり、色々な酵素が体内で合成されます。
たとえば、アミラーゼという酵素では糖質を分解することができて、リパーゼという酵素では脂質を分解することができます。
胃液の中にはプロテアーゼという酵素が含まれており、これがタンパク質やペプチドを分解してアミノ酸へと変化させることができます。
これらの消化酵素は体内のいたるところに存在しており、それぞれ役割を果たしています。

体内に吸収された栄養素をエネルギーへと変えるためには代謝酵素の働きが必要となります。
代謝酵素は生命活動にとっては必要不可欠の存在であり、これがきちんと機能することで、臓器を正常に働かせたり、免疫力を向上させられます。
このように体内では色々な酵素が合成されるのですが、酵素を合成するための能力は大体40代頃から衰えてしまいます。
体内の酵素が減少することによって、さまざまな部分に影響が出るようになり、老化します。
疲れやすくなってしまったり、肌が荒れているような方は体内の酵素の合成量が衰えている可能性が高いです。
生野菜を摂取したり、果物を食べる習慣をつけるなどを心がけると、体内で酵素が生成されやすくなります。

外部酵素には種類が一つだけしかなく、食物酵素として体内に吸収されます。
外部酵素である食物酵素には消化機能が備わっているため、体内酵素の働きを補ってくれます。
したがって、体内での酵素の合成量が減少したとしても、体外から酵素を補うことができれば問題ないのです。
ただし、食物酵素は熱に弱い性質があり、大体48度以上の熱で破壊されてしまうため、摂取をする際には十分に注意する必要があります。
できるだけ生の状態で酵素を壊さないようにして摂取をしなければ意味がありません。
酵素を多く含んでいる食物としては、大根やバナナ、マンゴー、パイナップル、アボカド、納豆、味噌、つけもの、ヨーグルトなどがあります。
また、酵素の摂取量を補助するために酵素ドリンクや酵素入りのサプリメントを利用することもおすすめします。
酵素はその機能を理解して、熱や酸に弱いという弱点を知っておくことで、有効に活用できます。
色々な健康法が存在していますが、あらゆる生命活動の基礎となっている酵素に注目することが大切です。

 - 酵素の基礎知識