酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

体調にあわせた正しいダイエットの進め方のコツ

   

ダイエットは無理をして、体を壊してまでするものではありません。
本来の目的である、健康的に痩せるというのを忘れないようにしましょう。
個人差もありますが、健康な人でも日によって体調の変化があるのは当たり前の事です。
仕事が忙しくて疲れがたまっていたり、悩み事を抱えていて憂鬱な気分の時は体調も優れないと感じるものです。
ストレスは目に見えない所で体にダメージを与えるので、強いストレスを感じている人は、常に体調不良というのも珍しくありません。
体調がすぐれない時は、ダイエットをお休みする事も大切です。

ダイエットで体脂肪を燃やすには、筋力も必要なので筋トレやストレッチなども取り入れますが、筋肉も鍛えすぎは疲労がたまって良くありません。
理想は鍛えたら休む、これを繰り返す事です。
毎日のように筋トレをしている人もいますが、今日はハードだったので、明日は軽めにするなどはペース配分を考えておくといいと思います。
1日でも体を動かさないと、せっかく鍛えた事が無駄になってしまうと考えがちですが、鍛えすぎは筋肉疲労など負担も大きくなるので、適度に休ませる事も必要です。
体調が悪いと感じた日は、無理をせず体を休めておきましょう。

女性の場合は毎月体調が変わる時期があります。
生理の時はホルモンバランスが変化していますので、特に病気ではなくても頭痛や腹痛、全身の倦怠感などに悩まされます。
このような症状が出るのは数日感だけですが、それでも生理痛がひどい人は精神的にも肉体的にも辛い数日感となります。
こういう時にダイエットを強行すると、体調を崩す原因となります。
生理中の体は普段よりも敏感になります。
抵抗力や免疫力も下がりますから、食事も少し栄養のある物を取り入れましょう。
冷えは生理痛を悪化させる原因にもなりますので、消化が良く体を暖める物を食べるなど食事を工夫するのも良い方法です。

生理が終わればホルモンバランスも元に戻って行くので、ダイエットを再開できます。
ホルモンバランスの変化はストレスも原因になりますが、女性の場合は妊娠や出産でも大きく変化しますので、こういう場合はダイエットには不向きの状態と覚えておきましょう。
産後ダイエットというのもありますが、これは通常のダイエットとは異なるので医師の指導の元行うのが理想です。
無理をしてしまうと母乳を与えている場合は赤ちゃんにも影響が出ますし、自分自身も体調を崩してしまうので育児にも影響が出てしまいます。
自己流ではなく必ず医師と相談してください。

ダイエットは体調が万全な状態で行う事が一番重要です。
病気の時も体調が悪い時も、無理をせず回復してから再スタートすればいいのです。
焦らず自分のペースで健康的なダイエットを心がけてください。
ダイエットの目標を達成したら、そこで終わりではありません。
成功後は良い状態を維持する事も大切になるので、規則正しい生活を身に付けそれを習慣にしておけばリバウンドのリスクも回避できます。

 - 置き換え