酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

自分に合った減量のペースを知って効率良くダイエットをしよう

      2015/06/05

ダイエットは減量という言い方もできますが、体重を減らすというのは体脂肪を燃やすという意味です。
同じ減量でも元々の体質や体脂肪の量、筋肉の量によって減量するペースも変わってきますので、自分に合ったペースを見極めましょう。
これを間違えてしまうと、減量に失敗しリバウンドのリスクが高まる可能性があります。

ボクシングの選手は試合前にかなりハードな減量を強いられます。
これを一般の人が真似しようと思っても、そう簡単に行くものではありませんし、無茶をして体調を崩してしまうのでやめておきましょう。
ボクシングの選手は普段のトレーニングで、ハードな減量にも耐えられる体のベースが出来ています。
体脂肪を燃やすには、適度な筋力が必要なのを知っていますか?
全く運動をせず筋力がほぼゼロに近い人は、いくら減量をしても体脂肪が燃えにくい状態なので頑張っても効果は出ずにストレスだけがたまっていきます。
減量というのは食事を減らしたり、絶食するだけではダメなのです。
筋肉が脂肪をエネルギーに変える役目を担っているので、日頃から適度な運動をして身体を動かし、筋力を付ける事から始めましょう。

例えば肥満体型の人が減量を決心したとします。
今日から1日3食サラダだけを食べて頑張ると言ってもそれは無理な話です。
食事のカロリーを考えるのも大切ですが、食事だけでは減量できませんので、まずは体を動かす事が大切です。
しかし肥満体型の人に今日から運動をしましょうといっても、関節を痛めたり怪我をする事もあるので、まずは簡単なストレッチや柔軟体操から始めます。

身体が慣れるまでの時間も多少個人差はありますが、無理なく動けるようになるには約1ヶ月はかかるでしょう。
体重と身長にもよりますが、肥満体型の人がトータル1ヶ月で減量の目標を立てそれを達成しようとしても無理という事です。
体を慣らし、体脂肪を燃えやすくするにはさらに時間がかかります。
最低でも半年から1年という長い時間をかけ、ゆっくりと減量して行くのが理想です。

既に適度な筋力があり普段からよく動いている人は、体が脂肪を燃やせる状態がある程度出来ているので、1ヶ月に3キロ程度なら簡単に落とせると思います。
これは代謝も関係していますが、基礎代謝は年齢とともに低下していきます。
常に運動をしている人は、年齢を重ねても基礎代謝が大幅に低下する事はありませんが、若い時とは違いも出てくるので、食事管理は大切です。
スポーツ選手のように必要に迫られる減量と、一般の人が美容や健康目的で行う減量とは意味合いが違ってきます。
大切なのは自分の状態に合った減量ペースを見極める事です。
脂肪を燃やすために必要な栄養素もあるので、食事から摂る栄養バランスも考えるとさらに効果が期待できます。
健康を損ねてしまっては意味がないので、無茶をせず自分のペースを見極める事が減量成功への近道となります。
だらだらと続けるのもストレスになるので、ある程度目標も決めておくとやる気もアップします。

 - 置き換え