酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

欠かせない水分補給のポイントを紹介

   

人のカラダは約6割以上が水分でできていると言われています。
水分といっても実際には飲み水とは違って、汗をかくと体内の水分量が減り、喉が渇きます。
これは体が水分不足になったため、水分を欲することで脱水状態を防ごうとする防御反応です。
気温が高く太陽の日差しも強くなる初夏から初秋にかけては、汗をかく事も多いので水分補給は欠かせません。
水分を取るとトイレが近くなるからと、喉が渇いても我慢する人もいますが、これは体が脱水状態となり暑い時期には熱中症になるリスクも高まるので、こまめな水分補給が重要になります。

あまり知られていませんが、寒い冬でも脱水状態になる事があります。
冬は空気が乾燥するので肌の水分も奪われやすくなりますし、暖房のし過ぎで汗をかくのも脱水状態を招く原因です。
こたつで居眠りをしてしまうと、目が覚めたとき喉がカラカラに乾く事がありますが、これも脱水状態のサインです。
大人でもこうなるのですから、体の小さい子供をこたつで寝かせると熱中症のような状態になり、最悪命を落とす事もあるといいます。
水分補給は私たち人間が生きていく上でも欠かせない重要な事と理解しておきたいものです。

水分補給をするといっても、ただ水をごくごくと飲み干せばいいというものでもありません。
美容や健康のために1日1リットルから1.5リットルの水を飲むと良いと言われていますが、この場合も一気飲みではなく、1日に何回かに分けてこまめに水分補給をするのが理想的です。
水の温度は季節によっても変わりますが、真夏は多少冷たい水を飲むのも仕方ありませんが、冷たい水を飲み過ぎると体が冷えます。
体が冷えると免疫力も低下するので、できるだけ夏でも常温の水を、冬は少し冷ました白湯をおすすめします。
特に冷え性で悩んでいる女性の水分補給にはおすすめの方法です。
冬はお茶やコーヒーでもいいのですが、カフェインの摂り過ぎにも注意しましょう。

水分補給の基本はこまめにという事の他に、夏には少し塩分もプラスすると脱水状態や熱中症の予防効果も高まります。
水に少量の塩を入れてもいいですし、塩を舐めてから水を飲んでも同じです。
塩飴も熱中症予防効果が期待できるので、汗をかく人は水と一緒に塩飴も携帯しておくと安心です。
スポーツドリンクには、適度に塩分が含まれているのでスポーツドリンクをこまめに飲むのも効果的です。
ただしスポーツドリンクには、糖分も多く含まれているので飲みすぎないように注意してダサい。

汗をたくさんかく季節は汗と一緒に塩分も失われているので、水分だけでなく塩分も補う事が大切です。
水を飲み過ぎるとトイレが近くなるのを嫌がる人もいますが、水分と一緒に老廃物を排出しやすくするのでデトックス効果も期待できます。
水分が失われやすいのは、お風呂や寝起きも同じです。
タイミングを見計らい、こまめな水分補給していきましょう。
飲む時は一気飲みではなく、ひと口ずつゆっくり飲みます。

 - 置き換え