酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

食物酵素が体内から不足する原因について

      2015/06/18

食物酵素が体内から不足する原因について
酵素には体内で合成される潜在酵素と、食材などから摂取することが出来る食物酵素の2種類があり、潜在酵素においてはさらに代謝酵素と消化酵素に分かれています。代謝酵素は名前の通り新陳代謝や基礎代謝などに使われ、消化酵素は食べ物の消化吸収に使われます。

この潜在酵素は足りないからといってたくさん合成されるものではなく、一定の量しか合成されないために、激しい運動をしたり生活が不規則になったり、暴飲暴食をしたりすると不足してしまいます。

その線酵素不足を補ってくれるのが、外部から取り込める食物酵素です。食物酵素は、種類や含有量の違いはあるものの、ほとんどの食材に含まれているので基本的にきちんと食事をしていれば食物酵素を補うことができます。

ただし、酵素というのは熱に弱いという性質を持っているため、加熱調理をしたり加工したりすると含有量が大幅に減少してしまいます味噌や醤油などは酵素が豊富ですが発酵食品には酵素が豊富に含まれていて、味噌や醤油などの発酵させて作った調味料、納豆、キムチやぬか漬け、イカの塩辛など日本人の食卓には発酵食品がたくさん使われています。

他にもチーズや発酵バター、ヨーグルトなどの発酵乳製品、紅茶や烏龍茶などお茶の葉を発酵させて作ったものからも酵素を摂取することができます。つまり、よっぽどのことがない限り酵素不足による体調不良や疾患を起こすことはないのです。

酵素不足の原因

睡眠不足は酵素不足の原因に。それなのに現代人が酵素不足になってしまうのは、豊かになった食生活とライフスタイルに原因があります。今は「食べたい」と思えば、コンビニでも外食産業でも24時間開いているので、空腹じゃなくても常に何かを食べられる環境になっています。

食べ物を消化するのは大量の消化酵素を使うため、いい加減な食生活や暴飲暴食をしていると、せっかく補給した食物酵素をいたずらに浪費してしまうのです。また、就寝時間が遅かったり睡眠時間が不規則だったりすると、体内の機能を修復する成長ホルモンの分泌量が減少します。すると内蔵器官や肌、髪の毛など体のあらゆる器官や細胞が1日のダメージを回復出来ないまま、疲れを翌日に持ち越してしまうので、体は生命維持活動を維持するために酵素をたくさん使って代謝を行わなくてはいけません。

そのため消化酵素では使われなかった分の食物酵素があったとしても、それらはすべて代謝酵素に使われてしまい、徐々に食物酵素が不足してしまうのです。

規則正しい生活をしましょう。よく現代人は酵素不足なので酵素を補いましょうと言いますが、補うための食物酵素を過剰に消費してしまう生活習慣の改善をしない限り、いくら外部から補給しても酵素不足は解消されません。食物酵素が体内から不足するのは、食材に含まれている酵素が不足しているのではなく、トータル的に考えると自分自身に原因があるということをしっかり覚えておきましょう。

ですので食物酵素不足を解消するためには、酵素をムダに消費しないような規則正しい生活習慣を心がける必要があるということなのですね。

 - ファスティング