酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

断食後に回復食が不可欠な理由を徹底解説

      2016/05/16

回復食の重要性
ダイエットや健康の為に断食を行う人は少なくありません。しかし食事をしないだけが断食ではないのです。断食をするにあたっての準備、そして回復食まで徹底してこそ1つの流れとなります。

前準備は食事の量を減らし、断食の最中、空腹感に堪えるように慣らしておくことを目的としています。そして、断食の流れの中で最も重要と言われているのが回復食です。回復食の定番はお粥ですが、そもそも何故断食後は回復食を摂らなければいけないのか、何故普通食ではいけないのか、そこを明確にしておかなければいけません。断食を始める前に回復食後の大切を知ることも必要です。

基本的に回復食は断食を行った日数分だけ摂取しなければいけないようです。例えば2日間断食を行ったとすれば、回復食も2日間続けなければいけません。このように断食期間と回復食期間は比例するのが基本となります。では何故回復食が必要なのかというと、断食をしたことで胃の中は空っぽとなりキレイな状態になっているのに、そこに普通食を入れてしまったら胃が驚き、キュ~っと収縮し腹痛を起こしてしまう恐れがあるからです。

急に食べると胃が驚いて腹痛が・・・。

胃にとって断食期間中は休息期間でもあるので、普通食を食べるということは休み明けに突然働かされた状態とも言えます。これではせっかくの断食も効果が出ないで終了してしまうかもしれません。そうならない為にも、お粥など消化の良い回復食で胃の調子を整える必要があるのです。またダイエットを目的に断食をしている人にとっては、ドカ食いをしてしまう危険性があるので気をつけたほうが良いでしょう。

断食によって胃がキレイになっているところに普通食を食べてしまうと血糖値が急に上がり、結果として食欲増進を招いてしまう恐れがあります。暴飲暴食をしない為にも回復食は必要なのです。

回復食とはどんなものを食べればいいの?

しかしただ単に消化の良い物を食べれば良い、ということではありません。1番最初に思い浮かぶのはお粥かもしれませんが、何も口にしていなかったことを考えるとそれだけでは物足りません。回復食の理想は白米のお粥より栄養豊富な玄米を使ったお粥のほうです。そして少しずつ野菜や果物、次の日あたりからは魚やお肉などを食べていくようにすると良いでしょう。

お粥にお野菜をプラスしてもOK

断食後に食べる初めての食事は味けの無いお粥でも凄く美味しく感じるものですが、もし何か加えたいのであれば塩分を摂る意味合いで梅干しを混ぜると良いかもしれません。他にもカボチャを加えたり、小豆を混ぜたりいろいろとレパートリーを増やしてみるのもお粥を美味しく食べる工夫の1つです。

飽きがこないようにすることも断食を最後まで成功させる秘訣なので怠らないようにしましょう。

断食にも水以外何も口にしない場合と1日2食または1食を置きかえるプチ断食があります。プチ断食は一般的な断食に比べると胃の休息時間は短いですが、それでも普通の食事ではなく回復食を食べるようにしたほうが良いでしょう。もしかしたら腹痛を起こすかもしれないので、念には念を入れるべきです。

 - ファスティング