酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

予備断食と本断食の違いについてナビゲーション

      2015/03/16

予備断食と本断食の違い
断食に対して宗教的なイメージを持たれている方も多いかと思います。しかし断食をすることであらゆる面が改善され、体調や美容、それにダイエットの効果まで得られるのです。まずは正しい方法を身につけ、1日からでも断食してみる事をおススメします。

断食には予備断食と本断食があります。いきなり食べることを止めてしまうと腸が驚いたり、空腹に耐えかねなくなって暴飲暴食をしてしまうかもしれないので、予防としてまずは予備断食をするようにしましょう。

予備断食は断食前日の昼食から始めます。昼食は腹八分目に抑え、夕食は普段の半分の量で済ませます。就寝3時間前には何も食べないようにしなければいけないので、夕食も早めに済ませる必要があります。飲酒は禁物で、水分をこまめに摂取するように心がけてください。

そして翌日からが本断食のスタートです。本断食は水以外何も口にしてはいけません。
断食中はリラックスして過ごしましょう。激しい運動は避けて、読書やDVD鑑賞などをしながら1日大人しく過ごしましょう。本断食の翌日の朝食はお粥です。ゆっくりとよく噛むように意識しながら、食べ過ぎないように気を付けてください。昼食、夕食も普段より少なめに抑えるようにし、暴食はしないように心がけましょう。

ここまでが予備断食から本断食、そして翌日の流れとなります。全てを終えるには3日間ですし、何も食べない日はたったの1日だけなので思った以上に難しくないと思います。1週間を超える断食は専門の療養所で行う必要がありますが、1日くらいであれば自宅でも十分可能なのです。

断食の嬉しい効果について

断食後のご飯の美味しさに感動断食を行うと大半の人は、清々しい目覚めとご飯の美味しさに驚きます。本断食翌日のお粥に対しても信じられないほどの感動を覚える人も少なくなく、食への有難みを痛感されるようです。他にも断食をする事によって内臓を休ませたり、毒物や老廃物を排出したり、身体の抵抗力が増すなどの効果もあります。

食べる事を止める為、生命活動の消化と吸収、そして排泄のうち2つが無くなり体は排泄1つに集中出来るようになります。今まで排出しきれなかった毒物や老廃物もどんどん排出しやすい体になっているので、中からキレイになれるチャンスでもあるのです。

断食をすると抵抗力が無くなく、風邪や病気に罹りやすくなるのでは、と心配される方もいるでしょう。しかし実際はその逆であり、抵抗力が無くなるどころか増す一方で体内に潜んでいる病原菌さえもやっつけてしまうほどなのです。そして女性には嬉しいダイエットの効果もあるので、かなり魅力的に感じる事でしょう。

断食を進めるお医者さんもいます。医師の中にも断食を勧める人もいるようです。それは健康に害をもたらしたりする危険性が極めて低く、健康的な体に変えられる、と確信しているからでしょう。

現代人は栄養不足よりも余計な物を摂取しすぎて体を傷つけている場合が多々あります。改善する為にも断食で一度リセットしてあげる事が体にとっても大事なのです。まずは予備断食からスタートしてみてはいかがですか。

 - ファスティング