酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

2日間だけの断食で得られる驚きの効果とは?

      2015/06/18

2日間断食で得られる効果
断食をする健康法が流行していますね。モデルやアスリートなども実践している断食ですが、私たちも普段の生活のなかに気軽に取り入れることが可能です。道場やホテルに泊まりがけで行われる断食もあるのですが、短期間だけの断食であれば自宅にいながら実践することができるのです。

最近よく耳にするプチ断食は、1日から2日間だけの断食のことで、実践してみると分かるのですが、実にいろいろな驚きの効果を体感することができるのです。自宅で手軽に行うことが出来る2日間程度の断食の際には、基本的には固形物を食べてはいけないことになっています。

この断食中には水分補給のみをすることで、消化器官を中心にして全ての内臓を休ませてあげます。断食の一番の狙いは、内臓を十分に休ませてあげることなのです。断食中に口に出来るのは水やお茶、さらに栄養が摂れる酵素ドリンクや生ジュースなどを飲むこともあります。

2日間の断食で得られる効果

断食効果で体が軽く感じます。この短期間での断食でも、得られる効果は凄いものがあります。まずカラダがとても軽くなったのを実感出来ることでしょう。これは体重が減ったから、とかそういうことではなくて、とてもカラダの調子が良い軽さです。

断食をすることで、これまで消化や吸収のために使われてきた働きが、排出だけのために使われるので、これまで大量に蓄積されていた大腸や老廃物のデトックスが出来るからです。腸に溜まった便や、カラダに溜まった有害な物質を排出することができるのです。実は普段の生活のなかで、有害な化学物質や薬物などがカラダにはたくさん蓄積されていて、正常な機能を妨害しています。それらが断食をすることでキレイにデトックスされるので、カラダもココロも軽くすっきりするのです。

さらに内臓を十分に休ませることで、免疫力も上がります。消化・吸収という内臓の働きは、思っている以上に大きなエネルギーを必要とします。この膨大なエネルギーが、免疫系に回るので、免疫力がアップし、外部からの細菌やウイルスにも強くなるのです。

また、精神が研ぎ澄まされるという効果もあります。普段の生活のなかでは、お腹がすくことでイライラしてしまうものですが、断食中には食べないと決めていますし、カラダに何も入れないことが心地良くなってくるのです。食事をしないことで、脳への栄養も届かなくなるのですが、脳では脳のエネルギー源であるブドウ糖の代わりにケトン体という物質が出されます。このケトン体という物質が精神の安定させるようです。

断食の効果で免疫力もアップ。そして脳の休養にも非常に役立ちます。普段の生活のなかで私たちは無意識のうちに同じことばかり考え、同じ場所ばかりを使っています。脳は疲れきっていて、正常に機能しない状態にまでなっているのです。断食中にはあれこれと考え事をしなくなるので、とてもラクになります。

このように、短期間での断食でもいろいろな効果を得ることができます。最初は空腹を感じて辛いと感じるかも知れませんが、次第に慣れてきて、心地よさを実感できます。カラダもココロもリセットされて、健康に過ごすことができますよ。

 - ファスティング