酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

1日断食の正しいやり方や効果を徹底追及

      2015/06/18

1日断食の正しいやり方
モデルやアスリートたちも実践している断食は、ダイエット効果だけではなくて、体内のリセット、デトックスが効果的に行える健康法の一つでもあります。現代人の多くは必要以上の食事を摂っていて、カラダにとって不要な老廃物などをたくさん溜め込んでいるのです。

定期的な断食というのは、健康のため、美容のためにも非常におススメなのです。本来であれば、断食のプロの指導に従いながら、ホテルや道場などで行うのがベストなのですが、なかなか仕事などもあるので、そうもいかない人が多いことでしょう。しかし、1日だけのプチ断食であれば、自宅でも週末などを利用してカンタンに取り入れることが出来ます。

断食とは、絶食する、というイメージがあるのですが、それぞれの状況や段階に合わせて無理のないように行うことが大切です。

1日断食の正しいやり方

準備期は和食中心でバランスよく。では1日断食の正しいやり方をここで紹介したいと思います。まず断食を行うにあたって知っておきたいことがあります。それはまず断食には、準備期と、断食期、そして回復期があることです。

この3つの段階を必ず断食をする際には踏む必要があります。準備期に必要な日数は、断食の日数が1日の場合には1日、3日間の断食の場合には、3日以上は必要になります。この準備期というのは、胃腸を整えるためにあります。規則正しい食事、健康的な生活をして準備を整える期間となります。

和食中心の食事を腹八分くらいにして、ゆっくりとしっかり噛んで食事をするようにしましょう。またお酒やおやつも控えるようにして、20時までには夕食を終えるようにしましょう。

そして翌日の断食中には、基本的にご飯など、固形物は一切食べません。その代わりに栄養素が豊富な酵素ドリンクや、フレッシュな野菜ジュース、そして水を飲んで1日過ごします。断食中の過ごし方は、基本的にはいつもと同じように過ごして大丈夫です。しかし激しい運動などは控えるようにして、ゆったりと過ごすのがおススメです。金曜日に準備をして休みの土曜日に断食をする場合には、ゆっくりと読書や映画鑑賞でもしながら過ごすのも良いですね。

しかしどうしても休みの日でなければいけないこともないので、お仕事をしながらでも断食は出来ます。外食、アルコールはもちろん、ダメですが、出勤していても断食は可能です。時間も早く過ぎるので、こちらの方が向いている方もいるかも知れませんね。

断食中はゆったりと過ごしましょう。水分補給のみで1日を過ごしたら、翌日は回復期です。断食を成功させるためには、この回復期が最も大切で、体調やリバウンドにも関わってくるので、しっかり注意して過ごしましょう。胃腸が休養していた後にいきなり普段通りの食事をしたのでは、体調が崩れてしまったり、リバウンドしやすい状態になり、断食が失敗に終わる事にもなります。

回復期には、おかゆとお味噌汁の食事をして過ごしましょう。断食明けの朝食には重湯のみにして、午後からはおかゆ、お味噌汁にしていきます。このように断食によって内臓を休めることで、カラダもしっかり整えられて、頭もすっきりとしてくるでしょう。正しいやり方で、無理のないように断食を行って下さいね。

 - ファスティング