酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

亜鉛が多く含まれている食べ物・食品で注目のもの

      2016/04/21

亜鉛が多く含まれている食べ物
亜鉛という成分を知っていますか?あまり聞きなれないという人もいるでしょうし、健康に気を配っている人であれば知っている人も多いでしょう。

亜鉛は必須ミネラルの1つで、タンパク質の合成、骨の発育に欠かせない存在となっています。新陳代謝をアップさせ、免疫力を高めてくれる作用を持っています。
亜鉛が不足すると味覚障害や発育不全などを起こすと言われていますから、積極的に摂りたい成分です。またデトックス作用もあると言われており、毒性を抑制して排泄させる作用があるようですね。

通常食事をしていれば問題なく亜鉛を摂取できますが、インスタントやファストフードばかりだと亜鉛が不足しますので、注意が必要となります。

亜鉛が多く含まれているもので注目されているものと言えば、やはり牡蠣でしょう。
牡蠣は亜鉛を最も多く含んでいますから、数個食べるだけで1日量の亜鉛を補うことができます。しかし牡蠣を毎日食べることはなかなか難しいので、海苔などで代用すると良いでしょう。他にも牛肉、鶏肉や豚肉、卵にレバー、納豆や玄米などに亜鉛は含まれています。

また大豆製品も亜鉛を含んでいますから、積極的に食べたい食品の1つでしょう。
切り干し大根、椎茸の乾物にも亜鉛は入っています。これらを皮ごと食べるのが基本でしょう。お米は玄米などにすると1日に必要な10~16mgの亜鉛を摂ることができます。しかし基本的に亜鉛は体内で吸収されにくいと言われています。

豊富な亜鉛を含んでいる牡蠣をたくさん食べても吸収率が悪ければ意味がありませんし、意味を持ちません。そこで吸収率を高めるためにクエン酸、ビタミンCを摂取することが望ましいでしょう。特に一緒に食べるとするならば梅干などと一緒に亜鉛を含む食材を摂ると亜鉛を吸収しやすくなるのです。

亜鉛は効果的に摂取するようにしましょう。

亜鉛を含む食品などで注目したいのはやはり牡蠣ですが、年中食べることはできませんから、海苔が最も有効でしょう。海苔なら年中食べても飽きませんし、食卓に並んでいても不自然ではありません。

亜鉛が不足すると貧血や抜け毛、薄毛を誘発したり、免疫力の低下や記憶力、集中力が落ちてしまうということになります。

そのため亜鉛をサプリメントで補うということも考えられており、亜鉛のサプリメントは多く販売されているのです。しかし亜鉛サプリメントは1日の摂取量を守らなければ過剰摂取になってしまいますから、パッケージに記載された量以上の量は飲まないように注意が必要です。和食を常に心がけていれば、洋食よりも亜鉛を食べる確率が高くなりますから、普段から和食を意識して献立を決めるようにすれば、バランスよく亜鉛を摂取することができますよ。

またお茶を多く飲む人は控えめにすると亜鉛の吸収が良くなります。お茶のタンニンという成分は亜鉛の吸収を抑えてしまうと言われていますから、お茶を飲むよりは水などを飲むようにすれば良いでしょう。

実は亜鉛は毛髪にも影響していますから、髪の毛が薄くなったという男性は亜鉛を特に食べるようにしたほうが良いのです。そのためにも吸収率アップさせた亜鉛を摂ることが必要となります。

まごはやさしいを実践すれば自然な和食が実現しますので、多少手間でも育毛や発育のためにメニューを立てましょう。

 - ダイエット成分