酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

ファスティングを始めようと思った時はこれを読め!

      2015/10/07

ファスティングが気になるならこれを読め!

ファスティングって身体にどのような効果があるのか?

最近話題のファスティングをご存知の方も多いかと思いますが、ファスティングとはそもそもどういう意味でしょうか。

ファスティングは置き換えダイエットに代表されるように、食事を低カロリーのスムージーなどにすることで1日あたりの総摂取カロリーを減らすというものです。その結果、私たちの体に何が起こるかというと、便秘の解消や体重の減少などが見られます。

これは便秘が解消されることで体中の毒素が排出されるために起こるのですが、ファスティングにはいくつか種類があります。

ファスティングでもっともよく知られているのが置き換えファスティングです。置き換えファスティングは1日3食のうち1~2食を酵素ドリンクやスムージーに置き換えます。

効果を実感するには長期的に見ていかなければなりませんが、酵素ドリンクやスムージーは腹持ちがいいので続けやすく、初めて置き換えファスティングをするという方にも取り組みやすい方法です。もうひとつは断食ファスティングで、これは週末の数日間を酵素ドリンクと水分だけで過ごし、週初めに向けて徐々に体を戻していくと言う方法です。

置き換えファスティングと違い、食事を一切取りませんからお腹が好きやすいという方も多く、初心者にはあまりお勧めできません。方法としては金曜日の夜からおかゆやうどんなど消化のいいものに変えていき、土曜日は酵素ドリンクやスムージーだけで過ごし、日曜日の昼ごろから徐々に食事を戻していくことになります。

ただ3日間行うファスティングだけではなく、半日間、1日間と体調や慣れているかどうかによって期間を変えることができるので、無理せずに進めることが可能です。

注意点は食事を栄養バランスのいいものにして体の調子を整えておくこと、断食中は油類を取らないことです。

バランスの良い食事で体調を整えておきましょう。

ファスティングを行うと体中がリセットされるため、まず味覚が変わったと分かるようになります。味の濃いものを食べている、外食が多いと言う方は特に素材の味がよく分かるようになるでしょう。

バランスの悪い食事は高血圧や糖尿病、肥満のリスクを高めるので、ファスティングで体をリセットし、味覚自体もリセットするのは大切なことなのです。ファスティングを行っている間は胃腸に負担をかけない分、内臓や各器官への負担も減りますので、体中が休息していることになります。

そうするとすべての状態がリセットされ、過ごしやすい体になっていくのです。ファスティングの効果をより早く実感したい場合は3日間の断食がいいのですが、仕事や生活習慣の関係で3日間の断食が難しいと言う場合は1日、半日、置き換えで試して見るといいでしょう。

ファスティングは断食であって決して絶食ではありませんから、体が飢餓状態になることもありません。今はファスティング用の酵素ドリンクやスムージーも美味しくなっていますから、あなたの舌に合うものを選んで、ファスティングに励んでみてください。

ファスティングって準備期間はどのくらい必要?準備内容と期間について

プチ断食と呼ばれて、女性の間でブームになっているファスティングですが、実際行うとしたらどのような点に気をつけて行えば良いのでしょうか?それを知らずにファスティングに「準備期間」を設けずにいきなりファスティングをしてしまう人もいるのですが、準備期間をおいたほうが安全でかつ効果があると言われています。

ですからまずはファスティングの準備期間、そしてその内容について説明していきましょう。ファスティングの準備期間として理想的なのはファスティングと同じ日数をかけるのがベストとされています。3日ファスティングを行うのであれば、3日間準備期間が必要である、ということになりますね。

ファスティングには準備期間が必要です。

準備期間中には食事内容に気をつけることが必要となります。和食を基本とした「まごはやさしい」を意識して食事をすると良いとされています。毎日理想的な食事ができていればファスティングの必要もありませんが、現代に生きているならそれも難しいことです。

さて、ではまごはやさしいとは一体何なのでしょうか。
ま、豆類、ご、ゴマやナッツなど、は、かめなど海藻類、や、野菜や果物、さ、白湯、し、しいたけ、い、芋類などです。自然とこれを実践していれば、基本的な和食になることが分かるでしょう。

あらかじめ準備期間の内容として回復食と同じようなバランスの取れ和食で胃腸に負担をかけないように過ごすことが準備期間には必要なんですね。ファスティングには終了時には通常食に戻すための回復食というものがあるのですが、それと同じような内容の食事をするのが理想と言うわけです。

また準備期間内に食事内容を徐々に減らすようにしていきましょう。バランスがとれていても満腹になるまで食べていて、翌日からいきなりファスティングに入るとなれば、空腹感をかなり感じることになりますから、準備期間には食事量を徐々に減らして、胃を多少の食べ物でも満足できるように慣らしておくことが大切です。いきなり胃がからっぽになれば、誰だって胃がびっくりしますし、栄養を求めて活動を始めます。

さて、そんな準備期間ですが、最後の夕食は腹7分目で抑えるようにしましょう。消化不良にならないためにも寝る4時間前までには夕食を終えることがベストでしょう。また、ファスティングの準備期間内に酵素ドリンクを食事にプラスしておくことも効果的ですね。

準備期間から酵素ドリンクを摂取しておくと効果的です。

酵素ドリンクを飲むことで代謝アップをしていれば、本格的にファスティングに入った時に効果を実感しやすいのです。ファスティングで使用する酵素ドリンクを飲んでも構いませんし、そうすることで酵素ドリンクに慣れることもできます。

また準備期間のご飯として主食は白米より玄米のほうが望ましいでしょう。噛み応えもありますから、満腹感を少量で得ることができます。準備期間をせずにファスティングに入ると、いきなりの空腹感に我慢できずに失敗することが多々あります。

ですからこの準備期間を大切に、ファスティングを成功させるためにしっかり行っておくことが必要です。

ファスティングの効果を高める野菜ジュースにはどんな成分がお勧め?

ファスティングの効果を高めるために野菜ジュースを飲むのは大変効果的ですが、野菜ジュースと言っても作り方によってその成分は変わりますし、どんな野菜ジュースでも均等に効果があるとは言えません。

そしてファスティングをする上で野菜ジュースを利用するなら、野菜ジュースに限らずファスティングにはどんな成分が効果的なのか、という根本的な問題から考えていく必要があります。そもそもファスティングはいわゆる断食の事を言いますが、昨今のファスティングは本当に何も飲み食いしない訳ではなく、短期間の間飲み物だけを摂取してダイエットをしたり健康的な体を作る事を言います。

つまり水分だけで栄養を補給する訳ですから、細かい成分の話は別にしてとにかく多くの栄養成分を含む飲み物が推奨される訳で、その代表と言えば野菜ジュース以外だと青汁や牛乳などでしょう。

青汁や牛乳も栄養価の高い飲物です。

何も食べていないとエネルギーの吸収量が格段に減るので脂肪が燃焼されて体重が落ちて腸内環境を整えられますが、この際にビタミンや食物繊維、そして酵素が不足していると脂肪の燃焼や腸内環境を整える事が出来なくなります。

特に酵素は腸内環境を整え体内の消化や吸収をスムーズに行う上で欠かせないものですが、酵素が不足しているとファスティングで得られる腸内環境の正常化だけではなく、消化や吸収も上手く行われないのでファスティングの効率が著しく下がります。

とにかくファスティングは食事をやめる事で体の中をスッキリさせて無駄なものを排出するようなものですから、そのファスティングの効果を最大限活かすために一番重要になるのが酵素、そして酵素の働きを補助するのがビタミンなどの栄養分になります。

つまり酵素を多く含む野菜を沢山使った野菜ジュースを飲めばファスティングの効果が高まるという事になり、酵素が多い野菜と言えばレタス、ニンジン、トマト、ピーマン、ネギ、セロリなどが代表的です。

他に大根もなかなかオススメの野菜で、大根に含まれているジアスターゼは消化を良くする働きがあるので、大根は特に野菜ジュースに使いたい野菜と言えますし、これら野菜にはビタミン、食物繊維、ミネラルなど消化や新陳代謝を良くする成分も多く含まれています。

酵素たっぷりの野菜ジュースがおすすめです。

ファスティングの効果を高める野菜ジュースにオススメの成分は何か、それはまず野菜に含まれている酵素、そしてビタミンや食物繊維にミネラルなど体内の働きを良い方向にコントロールしてくれるものが挙げられます。

ビタミンや食物繊維が不足していると血流の流れが良くなりませんし、コレストロールや脂肪を抑える事が出来ないのでファスティングの効果が下がりますが、ほとんどの野菜にはビタミンや食物繊維などは必ず含まれているので好きな野菜を使うだけでも十分に良い成分を得られます。

今回のお話をまとめると、ファスティングをするには消化や吸収を良くして腸内を綺麗にする事がキーポイントになる訳ですから、それを助けてくれる酵素を中心に食物繊維、ビタミン、ミネラルを沢山含んだ野菜ジュースを作るのが最適、という結論になるでしょう。

 - ダイエット全般