酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

誰でもできる!断食の正しい方法を事前に要チェック

   

週末を利用した断食ダイエットが流行していますが、試してみたことはありますか。
断食と言うと、他の宗教や修行者などが行うものと思われがちですが、ダイエット効果があるということから女性の間でも注目を集めています。
しかしいきなり食事を断っても、我慢できない、お腹がすぐにすくと言うことがあります。
断食ダイエットを成功させるためには、正しい断食の方法を覚えておく必要があります。

断食ダイエットの正しい方法についてご紹介します。
まず日程を決めましょう。
断食ダイエットは何も1ヶ月や1年と長い期間行うものではありませんので週末の2~3日、1日、半日と、無理のない程度に行えばいいのです。
避けたい時期は、仕事が忙しい時期、大会などで体力を温存しておかなければならない時期などです。
断食の一般的な方法ですが、食事の内容を少しずつ減らし、断食後はまた段々と元に戻していきます。
断食は主に4種類あり、最も簡単で初心者でも取り組みやすい方法が半断食で、半断食は1日の摂取カロリーを500kcal以下に押さえ、昼と夜の食事内容をスープ、豆腐、おかゆなどに変えていきます。
多少なりとも固形物が体の中に入りますので、負担も大きくならずに済みます。
それから半日断食する方法、1日断食する方法がありますが、これらはその期間、水だけで過ごす方法です。
半日断食はプチ断食とも言われていますし、もし今まで1日1食で過ごしてきたと言う場合は常に1日断食を行っているのです。
そして48時間以上断食を行うことを本断食と言いますが、修行僧などが行っている方法なのですが、一般の方が行う場合は専門家の指導が必要で、個人の判断で行うものではありません。
ではなぜ断食がダイエット効果をもたらすのかというと、解毒作用があるためです。
体の中に何も入ってきませんから、腸は今ある体の中のものを消化吸収するために働きます。
すると腸内にとどまった宿便が排泄されやすくなるのです。

とはいえ、1日水だけですごすのは空腹感が我慢できないと言う人もいますし、リバウンドの心配も出てきます。
そんな方は酵素ドリンクなど、低カロリーの飲み物を利用してみるといいでしょう。
最初はおかゆやうどんなど消化吸収のいいものに変えて徐々に食事量を減らしていき、2日目からは酵素ドリンクだけで過ごします。
飲みすぎはいけませんが、食事の時間に置き換える、水分補給程度にとどめるならかまいません。
2日目の夜からまた徐々に食事の量を戻していき、3日目の夜に完全に元に戻します。
これが今話題の週末断食ダイエット方法です。
ただし、成長期にある子どもや妊婦さんは絶対に断食を行ってはいけませんので2人に共通するのは栄養を十分に取らなければならないと言うことです。
成長期の子どもは心身ともに発達する大切な時期ですから、栄養バランスのいい食事が大前提です。
妊婦さんは赤ちゃんを母子ともに健康で育てるためにも食事が大切です。
他にも病気療養中、痩せ型、元気がない人は断食ダイエットを無理に決行しないようにしましょう。

 - ダイエット全般