酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

体重計は怖い?ダイエットする上での体重計の役割と測定法

   

ダイエットをしている人は必ずと言ってよいほど体重計を使うと思われますが、正しい方法で計測しなければしっかりとした体重の管理はできません。
体重を量ってダイエットをする理由は、ダイエットによってどの程度体重が減っているのかを目で確認するための重要なことだと言われています。
メモを取ったりグラフにしておけば、体重の推移を見ることもできて大変便利です。
また、体重を量っているということそのもので、いつでもダイエットをしているという意識を持っておくことができます。

しかし、1日に何度も体重計にのる必要はなく、1日に1回、決まった時間に計測するだけで十分だと言われています。
よく1日に何回も体重計にのってしまう人がいますが、1日の中で体重が大きく変動することはほとんどないので、あまり頻繁に体重計にのることはやめておきましょう。
ダイエットで体重計を使って体重管理をする時には、できれば起床してすぐ、またトイレに行った後、朝食を摂る前といった朝の時間帯が理想的だと言われています。
この時が一番体重が軽いと考えられているので、毎朝体重を量るようにしておくと、変化していく体重を正確に知ることが可能です。
もしもダイエットに慣れてきたという人は、朝と夜の2回に体重を測定してみてもよいでしょう。
夜に体重を量ることを意識していると、夜食を食べることを控えることにも役立ちます。
その日のダイエットの成果をチェックできることから、就寝前に一度体重を量っておいて、翌日の食事や運動の参考にするということもできます。

このように体重を量ることはダイエットをサポートする大切なことですが、女性の場合にはダイエットが順調であるにもかかわらず、体重が増えてしまうという時期があるため、それを知る時に役立ちます。
生理前などにはホルモンバランスの乱れや、分泌されるホルモンの関係で体重が増加する傾向にあるのです。
体重を量る習慣をつけておくと、基礎体温のように生理の時期がわかるという人もいるくらい、体重に変化が起きるケースもあります。
このような時にはダイエットが失敗したのではないかと焦ってしまうこともあるかもしれませんが、体が痩せない周期になっているだけなので、無理な食事制限や運動を行わずに普段と同じダイエットをするように心がけ、生理の周期にともなう体重の増加が落ち着くまで待つことが大切です。

最近では、ただ体重を計測するだけでなく、体脂肪率や体の組織の状態、筋肉の割合などをチェックできるものも多く販売されています。
筋肉量がわかる体重計などを使うと、基礎代謝が低下しているかをチェックすることもできるため、基礎代謝を上げることでのダイエット効果を引き出すことに役立てることができます。
自分に向いていると思われる体重計、体脂肪率計、体組織計を選んで体重などを量る習慣をつけておきましょう。
ダイエットのためだけでなく、健康管理のためにも体重計で自分の体の状態を管理することはとても大切だと考えられます。

 - ダイエット全般