酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

体質改善と冷えとの関係性についての知識

      2015/09/15

体質改善と冷えとの関係性

ダイエットしているのにどうも結果が出ないと言う方、手足の末端が冷えていませんか。つまり冷え性、ということですが、冷え性は実はダイエットを妨げる重大な状態です。

同じダイエット方法をしているのに、なぜか自分だけ効果が現れない、逆に太ってしまったと言う方で、冷え性に該当する方は冷え性をまず改善してみるといいでしょう。冷え性は内臓温度が低下してしまっている状態で、基礎代謝が低下してしまっています。

基礎代謝が低下すると、同じ運動量でも消費されるカロリーは少なく、内臓温度が1度下がれば基礎代謝も12%下がるとされています。たとえば一般的な基礎代謝量は女性が1200kcalとされており、1日これだけのカロリーは何もしなくても消費されています。

ところが内臓温度が1度低い人は1日あたりの基礎代謝量が144kcal低下し、1056kcalとなってしまうのです。冷え性の人の特徴には、花粉症、アレルギー体質、便秘、うつ、生理痛がある、肩凝りやむくみがひどいと言うことが上げられます。たとえ冷え性の自覚がなくても、該当する場合は冷え性の可能性が高いので、ダイエットを成功させたいなら改善する必要があります。

冷え性を改善するポイントは保温と食事と体操の3つです。基礎代謝を挙げればいいだけですから、これら3つを守れば基本的に基礎代謝は上がります。

まず保温ですが、冷え性の方は慢性的に体が冷えていますから、普段からマフラーや腹巻、5本指ソックスにレッグウォーマーで温めることが大切です。またレッグウォーマーや使い捨てカイロも効果的ですが、ブーツや電気毛布、ほっとカーペットは逆効果ですから気をつけましょう。

レッグウォーマーや指ソックスなどで温めましょう。

それから食事ですが、食事でも特に体質改善、代謝アップに役立つとされているのが酵素です。酵素は消化吸収に大きな役割を果たし、生命維持活動を支えています。体に酵素を取り入れることが大切と言われても、どのようにして酵素を取ればいいのか分からないと言う場合は、サプリメントやドリンクを利用してもかまいません。

逆に体を冷やしてしまう食べ物や飲み物は単独で取らないようにし、後から体を温めるものを取り入れるようにしましょう。体操はほんの少しするだけでも違いますから、ぜひ取り入れてみてください。基礎代謝は筋力アップすればするだけ上がりますので、有酸素運動と筋力トレーニングをあわせてみるといいでしょう。難しいことは何もなく、ストレッチやヨガでも問題ありません。

冷えにはお腹の上のほうがつめたいタイプ、深層筋の働きが悪いタイプがあります。上腹部タイプは直接お腹を手で触ってみると、上下の温度差が違いますし、深層筋の働きが悪い場合は仰向けに機を付けで寝たときに上体を起こす動作が3回以上できづらいです。

そうすると内臓の冷えが進み、中々痩せることができませんから、まずは体質改善を図り、冷えを解消してみませんか。冷えの解消方法は酵素以外にも、体を温める食べ物や飲み物を取ると言った方法がありますので、自分に合った方法を試してみてください。

太らない体質ってあるの?自分で作る太らない体質

大食いなのに痩せている人もいますが、少食なのに太っている人も世の中には少なからずいます。これは体質の違いもありますが、ある程度までは努力すれば痩せやすい体を作る事ができます。そもそも、体質異常でない限り太る原因は自分にあるはずです。

食べているのに全く動かない、一応運動はしているけど食事以外に間食したり、夜食を食べたりしてしまうというように、ほとんどが消費カロリーよりも大幅に摂取カロリーがオーバーしている事が考えられます。痩せている人でもこのような生活を続けていれば、おそらく1ヶ月か2ヶ月もあれば太ってしまうでしょう。

間食や夜食を食べすぎるとカロリーオーバーで太ります。

大食いなのに痩せている人は特異体質という場合もありますが、基本的にたくさん食べてもその分を運動で消費すれば理論的には太りません。摂取カロリーが多くてもそれをきちんと消費できていれば、プラスマイナスゼロになるはずです。

カロリーを消費するには運動も必要ですが、基礎代謝が高い事も条件です。食べてばかりでろくに動かない人は、基礎代謝が低く痩せにくい体質になっているので食事を減らしても痩せません。基礎代謝は年齢と共に低下していくので、中高年になると特に食事量が増えたわけでもないのに太りやすくなります。

この場合は食事を減らしても体が痩せにくい状態になっているので、食事制限よりも運動をして基礎代謝を高める方が効果的です。太りやすい体質も、太りにくい体質もある程度は自分で作る事ができます。
多少の食事制限は必要ですが、カロリーを大幅に減らしても食べている以上、それを消費できなければ意味がありません。

まずは軽い運動から始めて筋力を付け基礎代謝を高くしておきましょう。ここで初めてダイエットの準備が整います。食事の内容も見直して、低カロリー高タンパクに変えます。太らない体質にできれば多少は揚げ物なども食べられますが、それまでは我慢も必要です。

代謝を上げるには代謝酵素も必要なので、野菜や果物は意識して取り入れます。ダイエット中もお肉や魚の栄養は必要になりますが、質と量を考えてください。調理方法もできるだけカロリーを高くしないようにします。酵素を効率よく補うには、酵素ドリンクを取り入れましょう。

酵素ドリンクで酵素を効率よく摂取するようにしましょう。

酵素ドリンクを使えば置き換えダイエットもしやすいですし、体をリセットするためにはファスティングダイエットもおすすめです。酵素ドリンクはダイエットに成功しやすいのも人気の理由です。今まで何をやってもダメだったという人も、酵素ドリンクダイエットに挑戦する価値はあると思います。

太りやすいのは体質ではなく、自分の気持ち次第という部分も否めません。太りやすい人も、努力をすれば太りにくい体質に改善する事ができますが、これには少し時間がかかります。体脂肪の量やそれまでの生活習慣にもよりますが、1週間や2週間では効果は出せません。

あまり即効性は求めず、根気よく続ける事も意識してください。多少の努力も必要ですが、太りにくい体質を作っておけば、ダイエット目標達成後のリバウンドも防げます。

 - ダイエット全般