酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

産褥体操の方法の基礎知識についてご紹介します。

   

出産後は産後ダイエットをしますが、産褥体操は産後ダイエットの準備という意味もあります。
一般的には分娩当日に産褥体操を開始して、産後のデリケートな体を守り回復力を高めるためのサポートとしています。
ダイエットというよりは、代謝を高め疲労回復や体の巡りを良くするために行います。
産褥体操をする事で老廃物の排出を促すデトックス効果も高くなりますし、母乳の出が良くなる事もあるのでメリットは多いと思います。
病院でも産褥体操を勧めていますし、やり方も教えてもらえるのでぜひ取り入れていきましょう。
分娩前から始めるのもいいですし無理なようなら、産後に取り入れる事も出来ます。
産褥体操は寝たままでもできるとても簡単な体操なので、自分の体と相談しながら進めてください。
栄養バランスを管理するのが難しい場合は、酵素ドリンクをプラスするのもおすすめです。

やり方としてはいくつかありますが、ほとんど体を動かさずにできるので産後間もなくからベッドに横たわった状態でも実践出来ます。
仰向けの状態でつま先を伸ばしたり手前に引いたりするだけの簡単な産褥体操もあります。
これなら体に力を入れずにできるので、産後24時間以内でも十分トライ出来ます。
少し余裕が出てきたらステップアップもしていきましょう。
仰向けに寝たままでつま先が見える程度に首を起こす方法もあります。
ただしこの場合は腹筋を使いますので、帝王切開をした人は負担がかかるのでやめておいたほうがいいかもしれません、無理をしないのも産褥体操では大切な事です。

産褥体操は骨盤矯正効果も期待出来ます、産後間もなくから骨盤矯正も意識しましょう。
仰向けに寝たまま両膝を立てて行いますが、少し足を開いておくとやりやすくなります。
片方ずつ太ももを自分の方に引き寄せ、90度になったところでキープします。
少しでも痛みを感じるような場合は無理をせず、すぐに担当医に相談してください。
産後ダイエットのためにと焦ってしまう人もいますが、産後は自分が思っている以上に体はダメージを負っているので無理は禁物です。
産後の肥立ちが悪いとその後もずっと影響が残りますので、無理のない範囲で行います。
特に決まったやり方ではなくても、筋を伸ばして気持ちいい程度にストレッチをするだけでもいいと思います。
ベッドに寝たままできるストレッチもありますので、自分のやりやすい方法を組み合わせる事もできます。

1セットあたり5回くらいで十分です。
1セット終わったら1時間以上休憩をはさみ、1日2セットから3セットを目指します。
産褥体操は本格的な産後ダイエットではないので、回数もそれほど多くする必要はありませんし、ゆっくり自分のペースで行います。
体を動かすときは呼吸も意識してみてください、深呼吸のように意識する事で動きを合わせやすくなります。
病院によっては産褥体操のパンフレットを配っているところもあるので、パンフレットを参考にするのもいいと思います。
書籍もあるので自分に合った産褥体操を取り入れていきましょう。

 - ダイエット全般