酵素ダイエット.com

女性が美しさを実現させるために

*

ダイエットの停滞期を打開する方法

      2015/09/01

ダイエットの停滞期を打開する方法

停滞期にダイエットを継続するための生活習慣と心構えについて

ダイエットに取り組んでいると、痩せなくなったり体重が少し増えてしまったりする停滞期と呼ばれる時期が訪れます。停滞期を迎えた時にダイエットの心構えをしっかりとしておかないと、挫折しやすくダイエットにも失敗してしまう原因となります。

逆に停滞期を過ぎれば体重はスムーズに落ちるようになるので、この時期の過ごし方がダイエットでのポイントとも言えるでしょう。まずは停滞期とはどのようなものなのかを知り、どのような生活習慣にすればよいのかをチェックしておきましょう。

ダイエットで停滞期が起きてしまう原因は、一時的に体が栄養不足を感じてしまうことにあると言われています。

最初にダイエットをしようと思って摂取カロリーを抑え、消費カロリーを増やすようにした時には、体重はどんどん落ちていくのですが、やがて摂取エネルギーを抑えたことによって体は栄養不足に陥って危険を感じるようになり、脂肪を溜めようして基礎代謝を低下させるという働きをしてしまいます。脂肪の蓄積や基礎代謝の低下で、抑えられた摂取カロリーの中でも十分に活動できるように体を適応させようとするのです。

この働きが起きている間は痩せることがないため、ダイエットではこの時期を停滞期と呼んでいます。体がダイエットをしている状態を栄養不足ではないと判断できれば停滞期は終了し、体重もまた落ちていくようになります。

停滞期に入ってもヤケになってはいけません!

停滞期の期間については個人差があって一般的には1週間から2週間程度だと言われているのですが、この間にもダイエットは継続させることが一番のポイントとなります。体重が減らなくなってしまうことから、張り合いがなくなって気が緩んでしまったり、焦ってしまうこともあると思われますが、必要以上に食事量を減らしたり、無理に運動をしないようにしてください。

食事面が気になる場合には、栄養バランスと共に停滞期に入る前と同じくらいのカロリーの摂取をキープできているかをチェックしておきましょう。栄養バランスに不安がある人は、サプリメントや栄養が豊富に含まれている酵素ドリンクなどを使ってみることをおすすめします。

サプリメントや酵素ドリンクはダイエットの停滞期に限らず、ダイエット方法そのものとしても取り入れることができるものです。運動量も無理に増やす必要はありませんが、基礎代謝を上げる運動を取り入れることが効果的だと言われています。

基礎代謝はある程度の筋肉量があることで高まるもので、特に太ももの前と背中の筋肉量をアップさせるとよいと考えられています。ダイエットをしている場合には停滞期は誰にでも訪れると思っていてよいでしょう。

体の自然な反応で起きてしまう停滞期に対する心構えは、諦めないことと焦らないことだと考えられます。それまでのダイエットで取り組んでいた食生活や運動といった生活習慣を続けるようにして、体がダイエットに適した状態になるまで待つことが大切です。

停滞期にあまり無理をしてしまうと、体調を崩す原因になってしまいます。

停滞期に運動しながらダイエットを行っていくために自分で出来る対策法

ダイエット法にもいくつかありますが、ただ食事の量を減らすだけのダイエットではすぐに壁に突き当たります。ダイエットをするにも正しいやり方、自分に合ったやり方があるのでそれを見極める事も大切です。

テレビの企画で芸能人やお笑い芸人がダイエットに挑戦する、というのがありますがこの場合は必ず専任のトレーナーがダイエットの指導をします。食事管理から運動管理まで徹底して行いますが、ダイエットを成功させるには努力も必要です。

しかし専門家の指導でダイエットを進めていても、必ず停滞期が訪れます。正しい方法でダイエットしているのに、なぜ停滞期が訪れるのか?これについては体が持つ本来の機能なので仕方ない部分もあります。

それまで順調に体重も落ちていたのに、ある日を境に突然体重が減らなくなってきます。多少の個人差もありますが、停滞期は約1ヶ月続くのでその間はダイエットが思うように進まずストレスがたまってしまいます。

停滞期に入ってもヤケになってはいけません!

しかしこれは見方を変え、ダイエットが順調に進み体脂肪が落ちている証拠とも考える事が出来ます。というのも、ダイエットが順調に進み体脂肪が減っていく段階で、今までとは状況が変わっているので、脳が体にとって危険な状態であると判断するからです。

これは人が生きていくために備わっている防御反応なので、ダイエットが順調なほど停滞期も早くなる事があります。今までは少し多めの体脂肪があったので、多少食事を減らしても体脂肪があるのですぐに死ぬような危険な状態になる事もありません。

しかし少しずつ体脂肪が減っていくと、それ以上減らしてしまうと免疫力が下がり命が危険にさらされると脳が勘違いをしてしまうのです。実際はすぐに死ぬような事はありませんが、体脂肪というのは体を守るためにも必要になるので急に減らすと飢餓状態と判断し体を守ろうとします。

もしも停滞期が来ても諦めず、まずはその状態を維持するよう頑張ってください。ヤケになってドカ食いしてしまえば、今までの苦労も水の泡となってしまうでしょう。食べ過ぎてしまえば停滞期は脂肪を蓄えやすくなっているので、すぐにリバウンドします。ある程度栄養も必要ですが、摂りすぎずに停滞期をうまく乗り越えるのに酵素ドリンクも役立ちます。

酵素ドリンクはダイエットに最適なサポート飲料

酵素エキスには凝縮した栄養が詰まっているので、少量でも豊富な栄養が補えます。停滞期は代謝も少し落ちるので、代謝に必要な酵素も手軽に補えるのはメリットです。誰でもダイエット中には必ず停滞期がきますので、そうなっても慌てず今までと同じ生活や食事を続けてください。

停滞期にはダイエット効果が実感できなくなりますが、停滞期を迎えたらその時の状態を維持するように気持ちを切り替えて行きましょう。少しの間我慢すれば停滞期も終わりを迎えるので、また体重も減っていきます。ダイエットを辞めるのではなく、少し気持ちを落ち着かせリラックスできる環境作りも意識するといいと思います。

 - ダイエット全般