ハリウッドで流行中の「5:2」ダイエットとは?効果と方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 736

ハリウッド映画で大活躍する美しい女優さんたちはその美しい姿、スタイルを維持するために日々の努力を欠かしません。そのためハリウッド女優、ハリウッドセレブたちは大女優であり常に美の道標としての象徴でもあります。有名なハリウッドセレブが実践しているダイエット方法は各種メディアに大きく取り上げられて世の女性たちの関心を引きとても大きなビジネスとなるのです。そんなハリウッドセレブの間で最近静かなブームとなっているのが「5:2」ダイエットです。

 

「5:2」ダイエットとは?

130511cafeglobe_republished-thumb-640x360-57291

引用:http://www.lifehacker.jp/2013/05/130511cafeglobe_republished.html

 

この「5:2」ダイエットは元々イギリスの医学博士であるマイケル・モーズリーが提唱した事が起源とされています。具体的なやり方ですが、一週間のうちに2日間のみ食事の量を制限して一定以下まで抑える、という方法です。そのカロリーの目安はおよそ500~600 Kcalと言われています。これは一日三食の食事の一食分をやや下回るくらいに見積もった食事量です。参考として、吉野家の牛丼並盛は一杯669kcalです。

この、一週間のうちの五日間は普通に食事をして過ごし、二日間を食事制限する、このようなやり方から「5:2」ダイエットと呼ばれるようになりました。類似のダイエット方法ではプチ断食があり、この「5:2」ダイエットもプチ断食の応用と呼べるかもしれません。

 

なぜ「5:2」ダイエットで痩せるのか?

15_

引用:https://ryorisapuri.jp/news/entry/2015/04/15/170000

 

なぜ「5:2」ダイエットのように週に二日のみの食事制限で痩せる事ができるのでしょうか?もちろん週二日は通常の日の一食分程度の食事しか摂らないのだから痩せるのは当然のことです。しかし「5:2」ダイエットはその単純なプラスマイナス以上に体重が落ちやすくなるという報告が多数上がっているのです。

それは胃腸の消化能力の仕組みが大きく関係しています。人間の腸は、摂取した食物が長い時間残っているとそれに比例して消化にかかるスピードも遅くなるという性質があります。これは胃腸が常に活動しているため疲れてしまい機能が低下している状態といえます。そのため例えば脂肪分の多い食物を摂取した時には余分な脂肪まで時間をかけて消化、吸収して蓄積してしまうという事です。

そこでこの「5:2」ダイエットを実践するとします。食事制限を行う二日間はほとんど食事を摂らないために長時間胃腸が空っぽの状態を作る事出来るというわけです。その二日間は胃腸の活動はあまりしない事になるため休息日となります。一度しっかり休息して休まった胃腸は機能も活発となり消化スピードもアップします。そのため本来は吸収されづらい脂肪分などは特に吸収しにくい体質になるというわけです。

以上が「5:2」ダイエットの概要となります。大切なのは食事制限をするべき二日間の過ごし方です。それではここからは、「5:2」ダイエットの要となる二日間の過ごし方、注意点などを解説していきます。

 

食品のGI値を知ろう

img1-2

引用:http://www.vespasport.com/himitsu-karada-gi.html

 

食品にはそれぞれGI値という数値が存在します。GIとは、Glycemic Index(グリセミック・インデックス)の略です。GI値とは簡単に説明すると上記の画像も示されている通り、食後の血糖値の上昇度を示す数値です。糖質の吸収度、というような認識でいいかもしれません。GIの高い食品ほど血糖値が上昇しやすくなってしまうと覚えておけば間違いないでしょう。高GIの食品には主に小麦粉や米などの炭水化物を主体とした食品が多いのがわかると思います。

「5:2」ダイエットを行う際の食事制限を行う二日間はなるべくGI値の低い食品を食べるように心がけましょう。たとえば同じパンでも普通の食パンよりはGI値の低いライ麦パンをチョイスする、麺類でも蕎麦や中華麺はうどんよりはGI値が低い、というような点は覚えておきたいところです。

野菜や果物全般は総じて低GI値のため食事制限の二日間には適した食材といえます。GI値が低いという事は血糖値の上昇が緩やかとなるため腹持ちが長く続きます。そのためにも食事制限の二日間は低GI値の食品がオススメなのです。

 

 

良質なたんぱく質を摂る

 

10285001908

引用:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10285001908

 

赤身の肉、卵、乳製品も低GI食品です。肉や魚介類は低GI値な上に、良性たんぱく質が満腹感を与えてくれます。肉を食べるときは赤身や鶏胸肉、ささみなど、脂肪分の少ない部位を選びましょう。大豆製品や卵、牛乳もたんぱく質が豊富です。

引用:https://ryorisapuri.jp/news/entry/2015/04/15/170000

 

水分はなるべく温かいものを飲む

水分はたっぷりとればそれなりにお腹が満たされるので空腹を紛らわせるのに一定の効果があります。また水分を多くとる事は新陳代謝の増進、老廃物の除去の観点からみても積極的に摂るべきです。この時になるべく冷たすぎない水を飲む方がオススメです。冷たい飲み物やカフェインを含んだ飲み物は胃腸に負担をかけてしまいます。水でもなるべく体温に近い常温がベストです。常温が一番胃の吸収率が良いのです。これは日頃から習慣にしておけばかなり胃腸の機能が改善される事でしょう。とにかく「5:2」ダイエットにおける食事制限の二日間は胃腸を休める事が最大の目的となります。そのため胃腸に負担のかかる行為は厳禁です。週に二日ほどこういった胃腸の休息日を設ける事で主としたダイエット効果に加えて慢性的なむくみや便秘の解消の効果も期待できます。

 

 

食事制限の二日間にオススメのメニュー

p_main

引用:http://www.kuriharasanchi.com/recipe/dessert/vol10.html

 

「5:2」ダイエットにおいて大切なのは食事制限する二日間の食生活に集約されています。残りの五日は過度な暴飲暴食を控えさせすれば基本的にはフリーです。五日のうちの2,3日はアルコールも問題ありません。繰り返しになりますが暴飲暴食だけにはくれぐれもご注意を。

 

食事制限の二日間には男性であれば600kcal、女性なら500kcalが目安です。およそ平均的な朝食と考えればOKでしょう。しかしこれを一日のうちの一食で済ましてしまうのは少し考え物です。一日ならともかく二日間続けないといけないのでそれなりの空腹との闘いとなります。ペース配分をよく考えて食べ、辛い二日間を乗り切りたいところです。そこでこの食事制限の二日間にオススメの低GI値でそれなりに食べ応えもあるメニューをいくつか紹介します。

 

フルーツヨーグルト

プレーンヨーグルトに果物とナッツを入れて食べましょう。砂糖はいれずに果物の甘みだけでたべますが、缶詰は砂糖が添加されているのでNGです。レンジで40度に温めたホットヨーグルトにすると乳酸菌が活発になってオススメです。

豆腐と温野菜のサラダ

豆腐は良質な植物性たんぱく質ですから、茹でたニンジンやオクラ、玉ネギ、キャベツ、白菜など旬な野菜と組み合わせて食べましょう。ドレッシングは、ノンオイルで糖質の低いものがオススメです。

脂肪燃焼トマトスープ

トマトホール缶詰、キャベツ、セロリ、ピーマン、たまねぎ、塩、コンソメを鍋で煮て食べるだけですが、野菜しか入っていないのでほとんどカロリーがありません。

海草ときのこのサラダ

海草ときのこはほとんどカロリーが無く、ミネラルや繊維も豊富に取れるのでオススメです。朝食なら、豆腐も一緒に食べましょう。

引用:http://yasepuri.jp/eat/5%EF%BC%9A2diet/

 

自分だけの「5:2」ダイエットを

 

この「5:2」ダイエットは思い切ってダイエットしたい人は長期にわたって継続するやり方で問題ありません。また食事会などでちょっと食べ過ぎてしまったな・・・等と時に微調整に1週間だけ行ってもそれなりに効果は得られます。毎月一ヶ月の最後の週に行うようにして体型維持に努めるという活用方法もアリだと思います。自分のライフスタイルに合わせて自分なりの「5:2」ダイエットに挑戦してみて下さい。

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする