【王道】1日2食置き換えダイエットで痩せる方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 747

edfb996aaa798098e4447b2db7ec57e9_m

置き換えダイエットというダイエット方法をご存知でしょうか?ダイエットには主に運動によってダイエット効果を得る方法と食事制限によってダイエット効果を得るという二種類に大別されます。どちらもエネルギー消費が摂取カロリーを上回るようにする事を目的としている行為といえます。どちらを選ぶかはその人の生活環境で選べば良いと思います。

今回紹介する【置き換えダイエット】は食事制限を行う事でダイエット効果を得るダイエット理論です。簡単に説明すると一日三食のうちの一食か二食を特定のダイエットフードに置き換えるというやり方です。そしてこの置き換えダイエットはどんなダイエットフードに置き換えるのかも重要なポイントになってくるのです。

 

  • 置き換えダイエットの概要

 

置き換えダイエットとは一日に食べる三食のうちに1~2食分を特定のダイエットフードに置き換えて食べる事によってダイエット効果を得るという食事制限によるダイエットです。この置き換えダイエットは食事の時間を利用して行うダイエットのため他に特別ダイエットのための時間をとる必要がありません。そういった意味で何かと多忙で時間の無い現代に人にも手軽出来るダイエットでありとても人気のダイエット方法となっています。テレビや雑誌などのメディアでも頻繁に紹介され、芸能人にも実践している人の多い非常にポピュラーなダイエット方法です。しかし一口に置き換えダイエットといってもやり方はいろいろあります。第一に通常の食事に対してどのようなダイエットフードを置き換えるか?という点です。この時にどんなダイエットフードを選ぶかで置き換えダイエットの結果は大きく変わってくる事はいうまでもありません。そして三食のうちに1食分を置き換えるか2食分を置き換えるか?という選択肢もあります。この場合はもちろん二食分を置き換えたほうが効果は高いです。なるべく早めにダイエット効果を上げたい場合には二食を置き換える方が効果的であり昨今では二食分の置き換えで挑戦するのが主流となりつつあるようです。

置き換えダイエットが人気のダイエット方法である理由には一日のうちの置き換えで無い部分の食事の際はカロリーなど気にせずお腹いっぱい食べても問題は無いという点にあります。つまり一日に最低一回は満腹感を十分満たせる食事が出来るという事です。ダイエットで何より大変な事はある程度継続して続けるという事です。毎日続けることが辛くて挫折してしまうという気持ちはダイエット経験のある人ならば痛いほどよくわかる話でしょう。しかし置き換えダイエットならば一日に最低一回は満足な食事が出来るため挫折せずに頑張って継続できたという人は非常に多いようです。これは置き換えダイエットが人気のダイエット方法になっている理由の大きな一つといえます。

 

  • 置き換えダイエットに挑戦するうえで注意したいポイント

 

置き換えダイエットにはいくつもやり方がありどんなダイエットフードをえらぶかによってもかなりのバリエーションがあります。自分に合った置き換えダイエットメニューを考える上でも置き換えダイエットの注意点を抑えておきたいところです。

 

ダイエットフード選びの注意点 低カロリーでもしっかり栄養補給を!

c0bff88dda1588e062b9e31c26d5c124_m

置き換えダイエットを始めるさいに一番に決めるべきなのはどんなダイエットフードで置き換えるか?という点です。これに関しては置き換えダイエット専用のダイエットフード商品はたくさん販売しています。選ぶ際に気を付けたいのは、カロリー以外の栄養分がしっかり摂取できるもの選ぶ、という点です。これは置き換えダイエットに限らずダイエットで絶食を行う場合に共通する注意点ともいえます。ダイエットでカロリー制限をするあまりビタミンなどの栄養分も絶ってしまうと健康維持が出来なくなり体調を崩してしまう可能性もあります。そのため低カロリーでもしっかりと栄養のある者を選ぶのが大切な事です。その点でいえば市販されている置き換えダイエット専用のダイエットフードを選べばある程度安心です。そういった商品は栄養面をよく考慮されて開発されているはずだからです。

 

置き換える食品のカロリーは、1食分当たり50~200kcalと低カロリーで満腹感が得られるものが多く、現在では置き換え用食品としてダイエット食品が数多く販売されています。

それらの中から選ぶ時には、各商品の成分を必ずチェックすることが大切で、ダイエットで不足しがちなビタミンやミネラル、鉄分だけでなく、食欲や吸収を抑制する成分が含まれているものもあります。

このように、置き換えダイエットは手軽にカロリーコントロールができるのがメリットですが、いくら置き換え用食品の栄養に気をつけていても、残りの食事で偏食していて効果が現れません。

引用:http://www.keshigomu.jp/diet/okikae.html

 

停滞期はからだの飢餓状態を救うホメオスタシスが原因

weighing-818694_640

引用:ダイエット

 

置き換えダイエットを続けていくと、脳が「からだが普段の食事量じゃない!」と判断します。そうなると少量のエネルギーでもからだが生存のために蓄えようとします。

このことをホメオスタシスという効果といい、餓鬼状態に陥った体内環境でも生き抜けるように対応するのです。

そのため体重が中々減らなくなり、この時期にダイエットを諦めてしまうかたがおおいのですね。特に置き換えダイエットなどの食事制限によるダイエットは、カロリーの摂取が少なくなるので停滞期になりやすいのです。

引用:http://xn--navi-p63c3a42d6a1r6a7cy275h452c.com/tyuui/teitaiki.html

 

身体が省エネモードになってしまうホメオスタシス状態。この状態がきても焦らずに置き換えダイエットを続けましょう。一定の時期が過ぎれば徐々に効果は薄れていくはずです。この時期にリバウンドしてダイエットが失敗してしまうという例は非常に多いので要注意!

 

  • 置き換えダイエットは一日二食の置き換えが効果的! コツや注意点は?

置き換えダイエットには主に一日一食置き換える方法と二食置き換える方法の2パターンがあります。少々ハードになりますが置き換えダイエットの特性と効果を考えるなら一日二食の置き換えが効果的といえます。一日二食の置き換えならば少なく見積もっても一日に800Kcalくらいは抑える事が可能です。これなら2~3週間でおよそ3キロ程度の減量が見込めます。ごく短期で原料を成功させたい場合には非常に有効なダイエット方法といえるでしょう。

 

一日二食置き換えダイエット注意点 タンパク質をしっかり摂ろう!

0913bf3733bc7b8ca2c422eeced8723b_s

引用:写真AC > 食べ物・飲み物   > タマゴ7

 

一日二食を置き換える場合は前項目で解説したカロリー以外の栄養をしっかり摂るというポイントがさらに大切になってきます。専用のダイエットフードの場合はビタミンやミネラルといった栄養素は比較的しっかり摂れますが、タンパク質までしっかりと配合している置き換えダイエット用のダイエットフードは少ないです。そのため通常の食事の時にはしっかりタンパク質をとってダイエット時特有の筋力の低下を防ぐように気を付けましょう。一般的なダイエットを行った際の栄養不足による副作用には、便秘、肌荒れなどがあります。このような症状が起こらないように必要な最低限のタンパク質は一日に50g程度といわれています。そのため通常の食事の際に肉や魚、豆腐、卵などのタンパク質豊富な食品を100gくらいは食べるように心がけると良いでしょう。

 

 栄養バランスの崩れでも誘発されるホメオスタシス状態

ba655071d5d697d756f30480a7dc54c5_m

引用:写真AC > 食べ物・飲み物   > シンプル和定食11

 

上記の項目でタンパク質をしっかり摂る事が大切だと解説しましたが、それ以前に全体的な栄養バランスが崩れてしまうと失敗してしまう可能性が高いのです。置き換えダイエット中は当然カロリー制限をしている状態です。そんな状態で栄養バランスを崩してしまうと人間の身体は飢餓状態の時特有の省エネモードに移行してしまうのです。これは上記の項目でも開設したホメオスタシス状態です。つまり置き換えダイエット中の栄養バランスの乱れはホメオスタシス状態を誘発しやすくなるという事です。一日二食置き換えダイエットを行う際には特に注意しましょう。

このホメオスタシス状態に陥るのは人間の身体の仕組みに関する事なのである程度仕方のない事ですが、一日二食置き換えダイエットを成功させるうえでは出来る限りこの状態を作らないようにするように対策を立てる必要があります。通常の食事の際は好きなだけ食べて良いという事でジャンクフードなどに手を出すのはNGです!良質なタンパク質をしっかり摂るという点に気を付けて栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする