コラーゲンで本当に肌がぷるぷるになるか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 812

a5629d944b94b25d4ae843f6a4b48ea1_s

コラーゲンは肌を若返らせてぷるぷるにする。これは結構有名な話でさほどそういった事に興味の無い人でも一度は聞いた事のある話だと思います。たまに鍋料理のお店に行くとメニューにコラーゲンボールというコラーゲンの塊のようなものが提供されます。これを鍋に入れるとコラーゲンがたっぷり摂取できるため女性を中心に大人気!といった具合です。このコラーゲンボールはたまにスーパーなどで店頭販売もされており、やはり鍋料理に入れて食べる事が推奨されています。このようにコラーゲン=美肌効果抜群の栄養素という説はかなり深く浸透しているようですが、実はコラーゲンは食べても全く意味は無い!という説も根強く提唱されてもいます。果たしてコラーゲンに美肌効果はあるのかないのか?長きにわたって、人一倍美肌情報に敏感な女性達を悩ませるこの問題にできる事なら決着をつけてしまいたいところです。

 

  • そもそもコラーゲンとは何か?

980a02c24102f2130d4ca08aa11bf040_m

コラーゲンとはタンパク質の一種であり人間にとってはとても重要な成分です。ちなみに上記の画像はコラーゲンを豊富に含む食材の代表格、フカヒレの姿煮です。人間の身体を構成する成分のうちの30%はコラーゲンです。コラーゲンとはアミノ酸がひも状に繋がりコラーゲン分子3本で右巻きのらせん状に構成されています。そしてコラーゲンは人間の身体の30%を占めるため身体のあらゆる場所に存在します。例えば内臓、血管、肌、これらはコラーゲンが無ければ形を保つことが出来ません。コラーゲンとは細胞と細胞の間を埋めて細胞同士がバラバラにならないように結合して形状を保つ役割を果たすものと考えればOKです。このコラーゲンによって細胞がしっかりと固定されていないと効率よく細胞分裂を行う事ができません。そして人間の骨はコラーゲンの周囲にリン酸カルシウムが合成されて形成されます。つまりコラーゲンは肌、内臓に加えて骨を形成する上でも大切な成分なのです。

 

コラーゲンが肌のシワに与える影響

179991

コラーゲンは肌のシワ、たるみ、乾燥、を予防する働きがあります。これはもう美肌効果そのものと考えても問題はありません。そしてコラーゲンは骨の主成分でもあると前項目で簡単に解説しました。コラーゲンは身体の関節部分である軟骨の主要成分でもあります。そのため身体のコラーゲンの量は美肌効果と関節の軟骨部分の状態の良し悪しを左右します。コラーゲンが不足するとシワやたるみが目立つようになるし関節炎が起きやすくなり骨粗しょう症の要因にもなります。これはもう老化現象の典型といえる症状です。そういった意味でもコラーゲンはアンチエイジングの決め手となるとても重要な成分であるという事がお分かりいただけると思います。

 

 コラーゲンは体内でリサイクルされる

 体内の古くなったコラーゲンは一度分解されたまた新たなコラーゲンとしてリサイクルされます。しかしこの分解と再生のサイクルは加齢と共に少しずつ働きが鈍くなっていきます。歳をとると分解されるコラーゲンに対して新たに再生されるコラーゲンの量はどんどん減っていきます。人間は基本的に加齢と共にシワが増えて全体的にハリが無くなるのはこのためです。若いころなら古くなったコラーゲンもリサイクルされて美肌効果を保ってくれるためコラーゲンに対してさほど気にする必要はありません。しかし歳をとってもキレイな肌を維持したい!と考えた場合には何かしらの方法でコラーゲンを外部から積極的に取り入れる必要があるというわけです。そこで昨今話題となっているのが美容に良いとされる、コラーゲンをたっぷり含んだ食材です。

 

  • コラーゲンを含む食材を食べても美肌効果はないという様々な説

15903cde26963e4eb73c59bf4e2c0844_s 

 コラーゲンは経口摂取しても体内で一旦アミノ酸まで分解されるてしまう説

 

上記でも紹介したフカヒレはコラーゲンボールといったコラーゲンとたっぷりと含む食材を食べても美肌効果は得られないという説があります。

 

そもそも「タンパク質」は、食べたら体の中で「消化・吸収」されます。タンパク質の場合は、消化の過程で消化酵素によってアミノ酸やペプチド (アミノ酸が2~3個結合したもの) など、「とても小さい分子」にまで分解されます。コラーゲンも、食べたら体内で分解されるのは他のタンパク質と同じで、コラーゲンそのものとしては吸収されません。ヒトのからだは、タンパク質を食べたら、アミノ酸やペプチド (アミノ酸が2~3個結合したもの) などの「小ささ」に分解してからでないと吸収できない機構になっています。

 

「低分子コラーゲン」ならよいのでは?

「吸収されやすいように低分子にしました」等とうたっている「低分子コラーゲン」なるものも市場に出回っており、いずれも「分子量が500」「分子量が700」などの宣伝をしているようですが、これらも「食べたあと、消化吸収」される過程において、より分子量の小さいアミノ酸やペプチド (アミノ酸が2~3個結合したもの) に分解されることは、他のタンパク質食品と同じです。低分子のコラーゲンはある程度分解されているため、分解・吸収が効率よくおこなわれると考えられます。つまり、「吸収されやすい」のは事実ですが、吸収されたものが、体内で再びコラーゲンの合成に利用されるのかはわかりません。

引用:http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail2204.html

上記の内容を要約すると、

コラーゲンはタンパク質の一種です。コラーゲンを含む食材を食べたとしても体内で細かく分解されて吸収されるため、コラーゲンとして吸収はされない。人間の肌や軟骨を構成するコラーゲンは体内で合成されて作られるものであるため外部からコラーゲンそのものを摂取しても身体を構成するコラーゲンの足しにはならない。という理屈です。

肌や軟骨を構成するコラーゲンはあくまで体内で生成されるものです。そしてそのシステムは加齢と共に鈍くなっていきます。歳をとると肌にシワが増えて関節痛が悪化するのはそのためです。この問題は単純に食材由来のコラーゲンをどんなに摂取しても意味が無いという事なのかもしれません。この説はまだ立証されたわけでは無く未だに論争は続いています。

 

低分子のコラーゲンであればそのまま吸収されるため美肌効果がある説

 コラーゲンはタンパク質の一種でありそのまま食べても体内でアミノ酸まで分解されるため体内を構成するコラーゲンの足しにはならないという説が根強くあります。しかしコラーゲンの分子量を小さくする事で体内での分解はされずにそのままコラーゲンとして吸収されるという説があります。

9a173f8640372a8aa2b330f0714a16e2_s

※分子量とは※

分子量とは、質量のことで、ざっくり言うと“大きさ”が分かります。(細かく言えば異なりますが、ここでは大きさについて説明します)

通常のコラーゲンは分子量(大きさのようなもの)が30万個ほどなのに対し、「低分子コラーゲン」の分子量は200~300個程度です。

つまり、通常のコラーゲンの1000分の1ほどの大きさだということです。

引用:http://hadalove.jp/collagen-effect-5470#2

 

 

コラーゲンを低分子として構築する方法としてはサプリメントに加工するという方法があります。実際にコラーゲンのサプリメントはドラッグストアなどで気軽の買い求める事が出来ます。つまりコラーゲンは低分子まで加工したサプリメントなら効果はあるかもしれないという説です。

 

 摂取したコラーゲン全てがアミノ酸に分解されるわけでは無い説

 

コラーゲンを含む食材を食べてもそのコラーゲンの成分は一旦アミノ酸まで分解されるためコラーゲンとしては吸収されません。しかしその全てがアミノ酸に分解されてしまうわけでは無く一部は「コラーゲンペプチド」として吸収されるという説があります。このコラーゲンペプチドはそのままコラーゲンにはなりませんが間接的に体内のコラーゲン生成を促進する成分となります。

つまりコラーゲンを含む食材を食べるとわずかながら効果はあるという説です。その効果はごく微量で、実験データにもハッキリと現れないために、コラーゲンは食べても意味が無いという説が根強く定着してしまったのではないでしょうか。

 

  • 人体のコラーゲン生成は生命活動そのものです

 

記事の前半で解説しましたがコラーゲンは基本的に体内で生成されるものです。そしてその生成効率は加齢によってだんだん鈍くなってしまいます。そのため体内の生命活動が活発な若年の時期であればコラーゲンも活発に生成される事になります。人間は常に健康維持に努めていれば老化現象はある程度遅らせる事が出来ます。この場合の健康維持とは摂取する栄養のバランスが一番大きいでしょう。常に食事には栄養のバランスを考えて良好なのコンディションを維持するように日々努めれば、老化現象を遅らせる事が出来て、体内のコラーゲン生成が活発な時期を通常より長く維持できる事は間違いのない理屈です。歳をとってくると同じ年でも若々しさに差は出るのはこういった理由があるのかもしれません。

コラーゲンは若々しい肌を維持するために重要な成分ですが外部から摂取するのは非効率的であり、体内で生成するプロセスがメインとなる成分です。その生成する力は加齢共に衰えていきます。この機能を衰えさせないように常に健康管理に努める事が一番の美肌対策なのかもしれません。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする