タイミングダイエットって知ってる?カロリー吸収を防ぐ方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 719

onaka

引用元:http://allabout.co.jp/gm/gc/408451/photo/1125159/

ダイエットを行う際に覚えておきたいのが、人間の身体にリズムがあり、体重が落ちやすいタイミングと、体重が減りにくく、そして体重が増えやすいタイミングがそれぞれ存在するのです。例えば体重が落ちにくいタイミングに、エクササイズ運動などを必死に頑張ったとしても結果的にあまり有効な効果が得られない・・・という事は充分にあり得る話です。そのような事を繰り返すうちに、このダイエット方法は効果が無い、間違った情報だったと思い込んでしまい、本当はかなり有効なダイエット方法なのにも関わらずその効果を得られずに、諦めてしまう・・・といった悲劇が起こり得る可能性も十分あり得ます。こうした太りやすいタイミング、痩せやすいタイミングは特に女性のほうが顕著に表れる傾向にあります。それは女性には生理があり、生理の周期が関係しているのではないかという説があります。タイミングダイエットとは、こうした痩せやすいタイミング、体重が増えやすいタイミングなどを把握して、効率よくダイエットを行う非常に画期的なダイエット方法なのです。

 

 

    タイミングダイエットの仕組みとやり方

ここからは、体重が落ちやすいタイミングを【ヤセ時】と呼ぶことにします。そしてヤセ時とそうで無い時はいつなのかは非常に個人差があります。しかし個人差はあるものの、かなり明確な周期が存在する場合が非常に多いのも特徴で、自分のヤセ時を把握するのは比較的容易な事です。自分のヤセ時を見つけ出すため必要な事は、まず、最低一日一回は体重を計ってみる事です。そうして一週間の体重の推移を観察してみると、だいたい一週間で体重が1キロくらい増減している場合が多いと思います。タイミングダイエットは、大体この周期に合わせて、体重が落ちるタイミングである、ヤセ時に集中してダイエットを行うのです。具体的なダイエット方法には、主に運動によるやりかたと、食事制限をして体重を落とすやり方があると思います。どちらを選ぶかは自由です。自分の生活環境に合わせて選べばOKでしょう。例えば食事制限で行う場合は、一週間の内で一番体重が少なくなる日を狙って、その日には炭水化物をなるべく摂らないようする、といった具合です。例えばその日は、朝はフルーツ類のみ、昼食だけは普通に食事して、夜も炭水化物は摂らず、野菜類中心のメニューにする。このように、体重の落ちやすいヤセ時の日に炭水化物を制限するタイミングダイエットを、主食調整といいます。

3

引用元 http://kantandiet.org/tansuikabutu/

炭水化物は身体のエネルギー源となります。この炭水化物を制限する事により、身体は内部に蓄積している脂肪分を、エネルギー源として燃焼して、消費するのです。そしてこの主食調整の時は、炭水兜を抜く代わりとして肉や魚などに含まれるたんぱく質をいつもより多めにとるように意識しましょう。タンパク質を多めにとる事で身体が活性化して新陳代謝が促進され、より体重が落ちやすくなります。ダイエット中はなるべくヘルシーなメニューが望ましいので、納豆や卵などからタンパク質を摂取するのがオススメです。

 

週に一度だけ!主食制限に運動を加えて効率よくエクササイズ!

 

上の項で開設した、主食制限のみで身体に蓄積している脂肪を燃焼する、根本的なダイエットを成し遂げるには不十分です。むしろこの、ヤセ時での主食制限を行う事で、身体が脂肪を燃焼するための準備が整ったといえるのです。そのため、このヤセ時の日に主食制限と合わせて運動によるダイエットも行う事で身体に蓄積した脂肪も効率的に燃焼できるため非常に高いダイエット効果が期待できます。この状態から、運動によって身体に刺激を与える事によって通常の時以上に高い脂肪燃焼効果が期待できます。その結果、普段なら普通にしていても1キロ程度体重が落ちる日に、主食制限と運動による脂肪燃焼が重なり、非常に効率よく体重を落とすことが可能になるわけです。タイミングダイエットの特徴は、具体的にダイエット活動を行う日は約1週間に一度来るヤセ時の時のみで、ほかの日は普通に過ごしてOKという事です。一般的にダイエットというと連日食事制限やエクササイズなどを行わないと効果が表れないと思われがちで、非常に過酷な毎日になるため挫折する人も多いでしょう。しかし、このタイミングダイエットなら、実質的に苦労するのは週一回であり、それでいて効率よく体重が落とせる、とても画期的なダイエット方法といえるでしょう。週一日だけ都合をつければ良いわけですから、自分のペースと都合で行えるとてもマイペースなダイエット方法ともいえるでしょう。

 

    タイミングダイエットと女性の生理周期と密接な関係

上記でも解説した通り女性には生理があるため身体にもホルモンバランスの周期が存在します。タイミングダイエットはその周期に着もしたダイエット方法なので、男性には出来ない女性ならではのダイエット方法といえます。タイミングダイエットは女性の生理周期と非常に深い関わりがあるのです。いわゆる生理中の約1週間は、非常に体重が落ちにくい期間です。この時期に無理にダイエット活動を行うのは非常に身体にストレスを溜め込む事にもなってしまうのでやめておきましょう。そして生理中は基礎体温が下がりやすいために基礎代謝も低くなります。これも体重が落ちにくくなる要因の一つです。

endometriosis_image02

引用元 http://www.kango-roo.com/sn/a/view/454

生理中は身体を冷やしすぎないように食事にも気を付けて、ダイエットも一旦休止にしておきましょう。

 

    食事のタイミングで変わってくるカロリー吸収率

同じ食事内容のカロリー量でもそれを食べたタイミングによってカロリーの吸収率が変わってきます。上の項でも解説した通り、人間には栄養を吸収しやすいタイミングとそうでないタイミングが一定の周期でサイクルしています。さらに生理の周期によって体調が変化する女性にはさらにこの、太りやすい時と痩せやすい時のタイミングのサイクルが顕著になっています。このヤセ時と太り時は一日の中でもサイクルが存在します。この一日のサイクルというのは、例えばごく普通に朝起きて夜眠るという生活を行っている人の場合では、朝は排泄の時間帯となります。

imgres

朝は基本的に排泄を促す時間帯のため、摂取したカロリーは吸収されにくいタイミングなのです。もちろん吸収率には個人差はありますが、最も顕著な場合は朝の時間帯はカロリーの吸収率が2割も低かったというデータも存在するようです。そして朝は血糖値の上昇も緩やかな時間帯なので、甘いものを多めに食べてもさほど身体に悪い影響は与えにくい時間帯といえます。よくダイエット本などにも朝はフルーツを食べると良いというような事が記述されていますが、それはこのような血糖値の観点から見ても理に叶っているといえますね。基本的に朝起きて夜寝る人にとって朝は排泄のタイミングであり、逆に夜は吸収のタイミングとなります。この理屈を知らない人でも夜食べると太りやすいという話を聞いた事がある人は多いのではないでしょうか?人間は朝起きた直後は排泄のタイミングなのは、その前の日の夜に栄養を吸収したからにほかなりません。このように、人間の身体は、吸収に重視するタイミングと、排泄に重視するタイミングがサイクルしているというわけです。夜なるとなぜだか食欲が沸いてくるのも、このサイクルにおける、吸収のタイミングに該当するからです。このタイミングは非常にカロリーを効率よく吸収する時間帯のため、食べ過ぎてしまうとカロリーオーバーになりやすいのです。

64a42ea22d984a614640544f35f31b78

引用元 http://www.fast-fasting.com/news_rktdSsykT.html

人間の身体には様々なサイクルがあり、そのサイクルによって体重が増えやすいタイミングと、カロリーの吸収率が抑えられ、体重が増えにくく、落ちやすいタイミングがある事がお分かりいただけたと思います。このタイミングを把握して、効率よくダイエット活動を行うのがタイミングダイエットの基本概念になります。一般的に、ダイエットに必要なのは根性!自分を律する強い意志!というような風潮がありますが、自分の身体の仕組みを理解して、正しい知識でアプローチすればダイエットは何倍も効率よく、難易度をグッと下げる事が可能なのです。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする