今年のトレンドは「ライスドリンク」!簡単ヘルシーダイエット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 526

美味しくて健康に良いと言われている「ライスミルク」。名前のとおりお米から作られたミルクです。欧米ではすでにポピュラーな飲み物となっていますが、2015年ヒット予測ランキング 4位にランクインするなど日本でも注目されています。

 

ライスミルクって?

rice11

引用元:http://www.oatmealwithafork.com

「ライスミルク」とはお米から作られたミルクのこと。豆乳のように絞ってつくるのではなく、玄米、植物油・食塩・水などを擦り合わせてドリンクにしているため、お米の栄養素がすべて含まれているのです。欧米では牛乳が苦手な人やヴィーガン、ベジタリアンの人たちが選べるメニュウが豊富であるため、豆乳(ソイミルク)やアーモンドミルクと同等にポピュラーな飲み物となっています。

 

 

 

■おいしい

ライスミルクは味もおいしいです。豆乳などと比べると、サラッとしているようですが甘みがあり美味しいと評判。そのまま飲んでももちろん美味しいですが、ココアやきな粉などとも相性は抜群。いろいろな味を楽しめます。また、スウィーツも作れるようです。

 

■簡単に作れる

ライスミルクは特別な材料がなく、とても簡単に作れます。

1024px-Brown_rice

引用元:http://ja.wikipedia.org

基本材料

玄米を1日以上水に浸したもの(白米でも可)20g

水  500lm

塩  少々

 

つくり方は、材料を全部入れてミキサーに2分ほどかけるだけ。超簡単に作れてしまいます。基本材料にはちみつやメープルシロップを少量加えても美味しいですし、バニラエッセンスを加えるとバニラの香りのライスミルクができます。基本のライスミルクは、お料理やスウィーツにも利用できます。また、玄米を1日常水に浸すのが面倒な場合は、米粉でもできるようです。

 

<材料>

  • 米粉 20g
  • 水 2カップ

<作り方>

水と米粉をブレンダ―で良く混ぜます。このままでも飲むことができますし、保存したい場合には、ヘラでかき回しながら1分程度煮立てましょう。

http://lbr-japan.com/2014/05/27/45066/

 

注目されてきたことで、大手のスーパーやインターネット通販などでも購入することができますので、まずは試してみたい方はそちらを利用されるといいかもしれません。

k1328308713

引用元:http://musyasoku.blog.fc2.com

 

■豊富な栄養

82dbe91a377c04a28a5a95be182b6873

引用元:http://iemo.jp

豆乳のように絞って作るのではなく、お米と水をすり合わせて作っているので、お米に含まれている栄養素がそのまま含まれているライスミルク。材料を玄米にすればより栄養価は高くなります。玄米は完全栄養食と言われるほど栄養バランスが優れている食べ物です。ビタミン・ミネラル・食物繊維など栄養素が豊富に含まれています。

 

玄米の栄養

 

・デトックス効果

胚芽の部分に含まれているフィチン酸が、有害ミネラルを包み込んで排出してくれる働きがあるので高いデトックス効果があります。

 

・便秘解消

玄米には植物繊維が豊富に含まれているので、玄米を摂ることによって便秘解消が期待できます。

 

・美肌

玄米を摂ることによってきめ細かい弾力のある肌になることが期待できます。玄米に含まれるタンパク質はコラーゲンの元。玄米を摂ることによってコラーゲンが豊富につくられるのです。

 

・老化防止

抗酸化作用で老化を防止する働きもあります。玄米に含まれているビタミンEやリノール酸も含まれていて、血行をよくし、動脈硬化を防ぐ働きがあります。

 

これら、玄米の栄養素をライスミルクは余すところなく容易に摂取することができます。

ライスミルクは動物性脂肪を含まずノンコレステロールで、玄米を使えばコレステロールの低減に効果的なガンマ・オリザノールも摂ることができるので健康への効果は大。また、玄米にはストレスを抑えリラックス効果をもたらすGABAなどが豊富に含まれています。ストレスの多い社会に暮らす私達が積極的に取りたい食べ物ですね。ライスミルクは白米でも美味しく作れますが、より高い栄養素を求めるなら玄米を使うとベストですね。

 

 

■ダイエットに最適

ライスミルクは植物性のミルクといえますが、牛乳と違って低カロリーで低脂肪、さらにコレステロール ゼロ。まさにダイエットにうってつけのミルクだと言えます。植物繊維も豊富ですから、便秘を解消することも期待できます。すりつぶしてあるので、胃腸にも優しく、疲れて帰ってきた時などに玄米ライスミルクを飲めば、夕食の量を減らすとともに日中に消耗した栄養素を補給することもできます。ライスミルクはシリアルなどのかけても美味しいので、カロリーカットにも役立ちますね。

Milk-health-problems-528721

引用元:http://www.express.co.uk

■牛乳アレルギーでも大丈夫

ミルクと呼ばれていますが、牛乳とは全く別物ですから牛乳アレルギーの方でも安心して飲むことができます。牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしてしまう人でも大丈夫。アレルギーがあるお子さんにも安心して与えられます(玄米アレルギーなどではないことを確認してください)

 

■ライスミルクを使ったスウィーツがおいしい!

ライスミルクでふわふわパンケーキ

1a777fcc5ef2c0ea8f7e8b9a326a6f4c

 

引用元:http://cookpad.com

つくり方はこちら

普通のパンケーキを作る要領で、材料牛乳をライスミルクに変えて作ったものです。牛乳を使うよりもちもちしていて美味しいですし、カロリーも抑えることができます。市販のホットケーキミックスを使うとより簡単に作ることができます。日本人は古くからお米を食べてきましたし、お米を使った飲み物である「甘酒」を好きな方も多いのではないでしょうか。その私達日本人にとってはとても親しみやすい飲み物といえるのでしょう。

 

 

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする