朝食は本当に必要なのか?朝食抜きダイエット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 744

 

現代人なら朝起きたらまずは朝食をとるのが一般的です。朝食をしっかり食べる事で一日の活力を得る、逆に朝起きるのが遅れてしまい時間が無いので朝ごはんを抜いてしまった。そんな時はなんとなく力が入らないし集中力に欠ける。そのような経験は誰もが一度は感じたことがあるのではないでしょうか?しかし厚生労働省の調べでは、最近では朝食を摂らない人が社会人を中心に増加傾向にあるそうです。その理由は様々ですが、主な理由としては、

・朝は少しでも長く眠っていたいから

・朝はあまり食欲が無いから

・ダイエット中だから

などの理由が多いようです。しかし朝食には健康に毎日を過ごすための大切な役割があるようです。

img_kv_index

 ■引用元:http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/stay/breakfast/

 

朝食が必要と言われる3つの理由

 

朝起きた時は低血糖状態のため、早急に栄養補給が必要

人間は朝目覚めた直後は身体の血統が下がっている状態のために脳や内臓の働きが低下した状態にあります。このような状態から回復するためには早急に栄養補給が必要なのです。そのためにも朝起きたらまず何か食べるという行為は、これからその日の活動を開始するためにも大切な事なのです。自動車に例えるなら朝はガス欠状態なのです。そのためとりあえずガソリンの補給が必要というわけです。

 

朝食をとる事で脳にも栄養が良き頭が働き始める

上記の身体がガス欠状態というのは内臓や神経だけではなく脳にも言える事です。つまり朝食をしっかり摂って脳にも栄養を補給しないと頭もしっかり働かなくなるのです。朝起きてからいつまでもボンヤリしているようでは通勤などにも支障をきたしてしまう可能性があります。そのため時間が無くても朝はしっかり食べたほうが良いのです。脳にエネルギーを補給するのにもっとも効率がいいのは糖分です。だから朝はコーヒーや紅茶、牛乳などの糖分が入った飲み物や、果物類などが頭をスッキリさせるのに適した朝食メニューと言えるでしょう。

 

朝食をしっかり摂るのはアンチエイジングにも効果あり!

19

■引用元:http://www.freshdeli.jp/blog/freshnews13/

朝食をしっかり摂る事はアンチエイジング、つまり美容効果もあるのです。その秘密はメラトニンというホルモン物質になります。このメラトニンは通称、成長ホルモンとも呼ばれ、人間は夜眠っている間にこのメラトニンというホルモン物質が分泌され、肌や骨や筋肉などが新しく作り替えられていくのです。このメラトニンが充分に分泌されないと、いわゆる新陳代謝が活発に行われずに、身体の衰えが早まってしまうのです。このメラトニンの元となるのが朝起きた時に身体の中で生成されるセロトニンという物質です。そのため朝食をしっかりとって身体の生命活動を活発に促す事でメラトニンの元となるセロトニンが多く生成されるという仕組みです。以上の事から朝食をしっかり摂る事はアンチエイジングに繋がるためとても大切な事なのです。

 

  • 朝食は本当に必要?必要ない意見まとめ

やはり朝食は健康的な毎日を送るためにも不可欠なようです。とくにアンチエイジングに効果があるとなると美容に人一倍気を遣いたい女性にとっては無視できない点ですね。それでも上記で簡単に述べましたが現代では朝食をとらない人が社会人を中心に増加傾向にあるようです。朝食をあえて摂らないでおくことに何かメリットはるのでしょうか?実は一部のアスリートは朝食を摂らないようにしている人も決して少なくないようです。一般的にアスリートと言えば人一倍体調管理には気を遣うもの。実は朝食を抜く事によって得られるメリットも存在するようです。

ちなみにこの、朝食を摂らないアスリートの中には、

・青汁だけ飲むようにする

・水だけ飲むようにして食べ物は食べない

・野菜ジュースだけ、ヨーグルトだけ。

といった感じで、【朝は軽い飲み物程度にして、しっかりと食べる事はしない】というスタイルを採用している場合も多いようです。

752ec59f70e4d76a9cd0794f222f03fe
■引用元:http://toratarounews.com/archives/2653.html

 

この朝食はしっかり摂らないスタイルの根拠は、身体の栄養分の、消化の時間と吸収の時間をしっかりと分けるべきだという考え方にあるようです。人間は基本的に午前中が排泄、いわゆる消化のタイミングになる場合が多いのです。朝起きると必ず便意を催すという便通サイクルの人は確かに多いですね。このタイミングで食事を摂る、いわゆる消化吸収を行ってしまうと、身体の排泄作業消化吸収作業が一緒になってしまい、排泄の妨げとなってしまうというわけです。この、身体の【排泄タイム】と【消化吸収タイム】を完全に分けるには食事の感覚を18時間以上開けるのが理想的なのです。そのため朝は、脳に栄養を補給するための糖分やビタミンを含んだ飲み物程度で済ませ、【排便タイム】が過ぎた昼過ぎごろにしっかり食事を摂るというサイクルが、朝食抜きの生活スタイルのメリットであり根拠といえます。つまり朝はなるべく胃腸に負担をかけない程度に軽く済ませたほうが栄養の消化吸収、排泄のプロセスがスムーズになるという側面があるようです。また朝食を軽く済ませて胃に負担をかけないとようにするとデトックス効果も期待でき、むくみなどが改善されるといった効果もあるそうです。

 

2deb0320-ffec-4da6-9593-aad110a9488b_l

■引用元:http://mery.jp/20754

 

確かに朝は夜ほどの食欲は沸かないという人がほとんどだと思います。それはつまり、朝は基本的に胃腸が活発に働かないため、なるべく負担をかけないように気を付けたほうが、結果的に日々の胃腸の働きを助け、より効果的に食事による栄養を吸収できるのかもしれません。以上の点から、朝食を抜く事は、それなりにメリットも多いようです。

 

  • 朝食抜きダイエットの方法

朝食を抜く事でダイエット効果があるという意見はかなり以前から提唱されており、専門家の間でも賛否両論あるようです。前項の解説で、朝食をしっかり摂る事によるメリット、朝食を抜く事、もしくは朝食はごく軽く済ませる事によるメリットが双方に存在する事はおわかりいただけたと思います。朝食のみを抜くというダイエット方法はいわゆるプチ断食というダイエット方法と内容が重なっている部分が多く、朝食を抜く=プチ断食の一種と捉える事も出来るでしょう。そしてプチ断食はかなり多くのダイエッターに支持され、実践している人も非常に多い人気のダイエット方法といえます。そして人気がある、支持されるという事は確かな効果が期待できるという事実の裏付けともいえるでしょう。そのため、前項でも解説したように朝起きた時は身体の機能が全体的に鈍っているので、脳にはしっかり栄養補給を行える程度のごく軽いメニューで済ませ、必要以上にカロリーは摂らないというダイエット方法はそれなりに有効なといえそうです。この朝食抜きダイエットなら朝の排便タイムを妨げる事も無いし、昼も夜もそれなりにしっかり食べてもカロリーオーバーになる事は少ないでしょう。ダイエットに挑戦するうえで、夕食を控えめにするのがとても辛くて、ダイエットを断念してしまうパターンはとても多いと思います。そんな苦い経験がある人にも朝食抜きダイットはオススメのダイエット方法といえそうです

 

朝食抜きダイエットのやり方とは?

朝食抜きダイエットのやり方はいたってカンタン。単純に、それまで食べていた朝食を食べなくするだけです。1日の摂取カロリーを大幅にカットするというシンプルな方法です。いきなり抜くのがきつい場合は、ヨーグルトなどだんだん軽いものに変えていくのもよいでしょう。最終的には、ジュースなどのみを摂取するようにします。トマトジュースを摂るようにすると「トマトジュースダイエット」的な効果も期待できるかもしれません。朝食抜きダイエットを始めた当初は、午前中の時間帯での「空腹感」がハンパなくきついはず。「グルグルグル…」というお腹の音が止まらないほどです。とにもかくにも、この空腹感を乗り越えることが、この朝食抜きダイエットの成否の分かれ目です。逆に、この空腹感こそがダイエットができている証拠でもあるので、誘惑に負けずにがんばるほかありません。最初のころは、昼食を11時30分くらいに早めに摂るようにするのも手です。

■引用元:http://nice-kenko.info/diet/57/

caspian.jugem

■引用元:http://caspian.jugem.cc/?cid=1

 

朝食抜きダイエットは朝の忙しい時間を節約もできるため忙しい社会人の人には相性の良いダイエット方法といえるかもしれません。朝食を完全に抜くのは寝起きの状態で脳にも栄養がいかないため頭がハッキリ働かなくなるのであまりオススメは出来ません。朝食を抜く場合でも適度な糖分とビタミンを補給できて、胃に負担がかからない飲み物や果物などを軽く食べるようにするのがオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする