腸内環境を整え健康になるためのポイント3つ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 452

腸の働きと言えば栄養を吸収し、そして老廃物を排泄することです。しかし、腸の不調として代表的な「便秘」に悩まされている方も多いでしょう。便秘は不快な上に、ポッコリお腹や肌荒れなど美容に悪いだけでなく、体調も悪化させてしまいます。ポッコリお腹にさようならし、日々を健康に過ごすためにも腸内環境を整えることはとても大切なのです。

ejmc

■引用元:http://free-photos.gatag.net/
著作者:ejmc

腸内環境を整えるメリット

腸内環境を整えると様々なメリットがあります。

■便秘・冷え性の改善

腸内環境が良くなると、目に見えて改善されるのが便秘です。腸内で悪玉菌が増えると老廃物が腸内で腐敗してしまい、腸の働きが鈍くなってしまいます。老廃物を排出するぜん動運動も鈍くなるため、うまく老廃物を排出できなくなり、便秘になってしまうのです。

便秘になると血液が腸に集中するため体内を循環している血液の量が少なくなって、冷え性の症状を引き起こします。腸内環境をよくすることで便秘を解消することができ、それによって冷え性も改善されることが期待できます。

■美肌になる

腸の働きが鈍っていると必要な栄養素が吸収されにくくなってしまいます。また、腸内で腐敗してしまった老廃物から出た毒素が体に吸収されてしまう危険性もあります。そのため、肌荒れやくすみを引き起こしたり、口臭や体臭が強くなってしまうといった悪影響が表に出てしまうことも。腸内環境を整えることで、美肌効果も期待できるのです。

有害物質が血液に溶けて全身を巡るため、肌荒れや頭痛などの不調が出たり、口臭や体臭が強くなる
■引用元:http://www.womenjapan.com

著作者- photonetworkgroup (改変 gatag.net)

■引用元:http://free-photos.gatag.net/
著作者-:photonetworkgroup (改変 gatag.net)

■免疫力アップ

腸は体に有害なウィルスや菌などが体に侵入するのを妨害するための、免疫細胞がたくさん集まっています。人の体の免疫細胞の約70%が腸に集中していると言われています。そのため腸内環境が乱れ、腸の働きが鈍くなってしまうと、免疫力が弱くなり風邪を引きやすいなどの影響が出てしまいます。腸内環境が整っていると免疫力が高くなり、病気になりにくくなったり、アレルギーが緩和されがりなどの効果が期待できます。腸に良い乳酸菌が花粉症などのアレルギーやインフルエンザの予防に効果的だと言われるのは、このためなのです。

■疲れにくい体

腸内環境が悪化すると、せっかく摂取した栄養素の吸収が悪くなってしまいます。また、老廃物が停滞することで有害物質が血液に溶け出してしまうおそれがあるのです。そうすると体全体が不調になってしまい、疲れやすい、気分が優れないなどの症状が出てしまうこともあります。腸が元気であれば、私達も元気でいられるのです。

 

 

整えるポイント3つ

■善玉菌を増やす

腸内には善玉菌と悪玉菌と言われる腸内細菌が存在しています。この善玉菌と悪玉菌のバランスによって腸内環境の良し悪しが決まるのです。腸内環境を整えるには善玉菌を増やすことが大切です。

■食物繊維を多く摂る

動物性タンパク質を取りすぎると毒素が多く発生してしまい、腸内環境が乱れてしまいます。

食物繊維は老廃物を排出する手助けをしてくれます。食物繊維を積極的に取りましょう。

■規則正しい生活とエクササイズを心がける

腸内環境は睡眠不足や暴飲暴食でも乱れてしまいます。規則正しい生活を心がけることで腸内環境を改善することができます。またウォーキングやストレッチなどの軽いエクササイズは腸の動きの活性化を促すこともできます。

 

具体的な方法

■発酵食品を積極的に摂りましょう

善玉菌を増やすには発酵食品を積極的に摂ることが効果的です。ヨーグルトやキムチには乳酸菌が多くふくまれており、善玉菌を増やすためにとても有効な食品です。また、乳酸菌でなくても味噌や納豆などの発酵食品も腸内環境の改善に役立つ食品です。乳酸菌、酵母菌などが含まれる食品;ヨーグルト、チーズ、味噌、醤油、酢、キムチ、ぬか漬け、甘酒など。甘酒は発酵食品であるだけでなく食物繊維やオリゴ糖(善玉菌のエサとなる)などを含んでおり、腸内環境を整えるにはぴったりな食品です。

535eaf40697ab01a840004d4._w.540_s.fit_
■引用元:http://www.thekitchn.com/

■野菜を食べましょう

食物繊維は腸内の老廃物を排出する手助けをしてくれる大切なものです。不足すると便秘の元。たくさん摂るように心がけましょう。食物繊維を多く含む食品;豆類、海藻類、キノコ、ごぼう、こんにゃく、納豆、ひじき、モロヘイヤ、アボカド、抹茶など。

667073775c7b4e3b6ac5e97b9f939fc3
■引用元:zupas.com

■軽い運動を取り入れましょう

体を動かすことで腸の動きを活発にさせましょう。血流を良くすると腸の動きも良くなり、老廃物を排出する働きが促進されることが期待できます。軽いウォーキングなどで体を温め血流を良くしましょう。また、軽いストレッチなどは腸のぜん動運動を促進させる効果もあります。

上体を曲げたりねじったり、また腰を回すような動きがオススメ
■引用元:http://www.womenjapan.com

6ff0a90fafa1d06d6913bfc6fa013b8f
■引用元:skinnyms.com

腸がきちんと機能していないと、美容に悪いだけでなくガンやアルツハイマー病のリスクも高くなると言われています。腸内環境を良くするための方法は、どれも難しいことではなくちょっとした心がけで取り入れることができるものばかりです。腸内環境を整えて、腸を元気にすることで健康で美しい体を維持しましょう。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする