トランス脂肪酸を含む食品と対策まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 733

心臓病のリスクを高めるトランス脂肪酸

s003_245

食品に含まれる油、厳密にいうと脂質は人間が摂取するべき栄養の中でも三大栄養素に数えられるとても大切な栄養分です。三大栄養素とはタンパク質、炭水化物、脂質、です。この三大栄養素は人間が生きていくうえで不可欠となる大切な栄養素です。今記事の主題でもある脂質は主に人間体の中の、細胞膜という成分の主原料となります。三大栄養素はそれぞれ役割が異なりますがどれも人間のエネルギー源であるカロリーとなります。そして脂質は他の二つと比べても大きなエネルギー源となります。つまり高カロリーであるという特徴があります。この点は脂っこい食べ物は太りやすいという認識で広く流布されていると思います。この認識は実際にその通りで、脂質を過剰に摂取してしまうとメタボリックシンドローム、通称メタボの原因となってしまいます。そしてさらにそれが慢性化してしまうと動脈硬化や心筋梗塞などの非常に脂肪率の高いハイリスクな疾患を引き起こす要因になる事もわかっています。

そして脂質を含んだ食品の中では飽和脂肪酸、トランス脂肪酸を含んだものが存在します。この二つの脂肪酸は血中コレステロールを増加させる事がわかっています。そしてこの血中コレステロールの増加が心筋梗塞や動脈硬化を引き起こす原因になるのです。つまり脂質を多く含む食品の中でもトランス脂肪酸や飽和脂肪酸などを避けるように心がければ動脈硬化や心筋梗塞のリスクはある程度抑える事ができるわけです。

 

 

  • そもそもトランス脂肪酸や飽和脂肪酸とは何か?

130580

油脂は基本的には常温では液体状態となり低温だと固まってしまうという性質があります。油脂は脂肪酸とグリセリンという二種類の物資が分子レベルで結合している状態です。さらにこの二種類のうちの一つである脂肪酸とは原子レベルで見ると炭素が鎖のように繋がっている状態となっています。この炭素の繋がり方や長さによって脂肪酸の種類が決まります。つまり脂肪酸にはいくつか種類があるという事です。このいくつかの種類の内の一つがトランス脂肪酸であり飽和脂肪酸という事です。この何種類もある脂肪酸とグリセリンが結合する事で油脂になります。食用の油でも多くの種類が存在するのはこのグリセリンと結合した脂肪酸の種類が様々だからというわけです。

 

トランス脂肪酸が多くの脂肪酸の一つである事はお分かりいただけたと思います。脂肪酸が含まれる食品には肉の脂身のような天然のものもありますし、加工して生成された油も存在します。例えばサラダ油等がそれに当たります。このどちらにもトランス脂肪酸を含む食品は存在します。牛や羊は生きている時に胃の中で少量のトランス脂肪酸を精製する性質があります。それが胃に吸収されて全身に巡るため牛肉や羊肉にはごく微量ながらトランス脂肪酸が含まれています。

そして加工食品であるマーガリンにもトランス脂肪酸は含まれます。マーガリンはトランス脂肪酸を多く含む代表的な食品といえます。油は常温では液体になると解説しましたがマーガリンは常温でも固形のままです。その理由はマーガリンを精製する過程での加工方法にあります。マーガリンは主成分が油脂なのに常温でも液状にならないのは「水素加工」という技術で加工が施されているためです。この水素加工を施す段階で大量のトランス脂肪酸が生成されてしまうのです。

 

137076

以上のようにトランス脂肪酸は牛肉や羊肉のような天然の食材でも、マーガリンのような加工食品にも含まれます。しかし牛肉や羊肉のような天然の食材に含まれるトランス脂肪酸はごく微量なのであまり気にする必要はありません。注意したいのはマーガリンのような、水素加工で大量にトランス脂肪酸が大量に添加されてしまう加工が施された油なのです。

 

 

  • トランス脂肪酸は身体に及ぼす悪影響とは?

006478

脂質は三大栄養素の一つであり人間が生命活動を続ける上では不可欠な栄養素です。しかし脂質は他の二つの栄養素と比べて過剰に摂りすぎると身体に悪影響を及ぼす可能性が高い気を付けたい栄養といえます。そして脂質の種類の一つであるトランス脂肪酸ですが、このトランス脂肪酸は人体には不要な栄養素である事が近年の研究でわかってきました。むしろトランス脂肪酸は過剰に摂取すると健康への悪影響があるという研究結果もあり注目を集めています。

 

トランス脂肪酸は、血中の悪玉(LDL)コレステロールを増やし、

善玉(HDL)コレステロールを減らす働きがあます。

日本での1日あたりの平均摂取量は0.7g、摂取エネルギーに占めるトランス脂肪酸の割合は0.3%と推計されており、世界保健機構はこの割合を1%未満とするよう勧告しているので、日本人の平均的な食生活なら心配なさそうですが、偏った食事を続けている場合は注意が必要になります。

2013年11月、アメリカ食品医薬品局(FDA)は、アメリカ全土でトランス脂肪酸の食品利用を事実上禁止する方針を発表。

アメリカはジャンクフードの大国というイメージがありますが、そのジャンクフードにさえ、トランス脂肪酸は使ってはいけないことになっていて、具体的には、トランス脂肪酸が入っている食べ物をお客様に出したら犯罪になるということです。

トランス脂肪酸を採りすぎると、私たちの体はどうなってしまうのでしょうか?

トランス脂肪酸の摂りすぎによる体への影響はこちらです。

・悪玉コレステロールの増加により、心臓疾患などのリスクが高まる

・ぜんそく、アレルギー、アトピー性皮膚炎を引き起こす恐れがある

・トランス脂肪酸をたくさんとっている人ほど、ボケやすい

心臓疾患においては、前文でもあったように血中コレステロールとの関係性で、

記憶力の低下については、トランス脂肪酸が体内の酸化を促した可能性が高く、

体内で「活性酸素」が過剰に発生し、進行するようです。

 

引用:http://jyouhou-sokoshri1.com/biyoudaiet/3939/#i-5

 

 

  • トランス脂肪酸を多く含む食品

 

152741

トランス脂肪酸を多く含む食品の特徴は加工食品に多い事があげられます。前項目で紹介したマーガリンはその代表といえます。代表的なトランス脂肪酸を多く含む食品は以下になります。

 

・マーガリン

・ショートニング

・植物性油脂

・スナック菓子やクッキーなど

・カレールウ、シチュールウ、マヨネーズなど

・インスタント食品、レトルト食品

・揚げ物や天ぷら、フライ

 

ショートニングとはマーガリンと同様で植物油を原料として作られる食用油です。クッキーやパンやケーキなどの洋菓子を作る際に使われる事が多い食用油です。同じ甘い物でも洋菓子と和菓子なら洋菓子のほうが太りやすく和菓子のほうがダイエットには優れているという根拠はこのショートニングの有無にあります。

一般的に市販されていて多くの家庭で料理に使われているサラダ油は植物性油脂に分類されます。サラダ油、ナタネ油、天ぷら油や大豆油にはどれもトランス脂肪酸の含有率は1~2%と微量です。しかし調理の際にはどうしても高温に熱してしまいますよね?その際にトランス脂肪酸が生成されてしまうのです。つまり実質的にはサラダ油などの植物性油脂はトランス脂肪酸を多く含む食材となるのです。高温に熱する事でトランス脂肪酸が生成されるという事は揚げ物などで繰り返し油を使う場合、トランス脂肪酸はどんどん増えていく事になります。つまり揚げ物用に油を使い回すとさらにトランス脂肪酸が増えてしまうという事です。

 

 

  • トランス脂肪酸をなるべく避けるコツ

 トランス脂肪酸は現代人の食生活に深く入り込んでいるという感は否めず、完全にシャットアウトするのは難しいでしょう。それでもいくつか避けるコツがあるとするならば、まず原材料表記の欄にマーガリンとショートニングが記載されている食品はなるべく避ける、甘いお菓子はなるべく洋菓子ではなく和菓子をチョイスする、料理の際のサラダ油の量はなるべく控えめに、揚げ物は週一回程度に抑える、などの方法があります。

そして食用油の中でもトランス脂肪酸を一切含まないのがエキストラヴァージンオリーブオイルと胡麻油です。

2015年現在、様々な研究によってトランス脂肪酸の危険性が解明され始め、多くの食品メーカーがトランス脂肪酸排除に向けて取り組みだしています。消費者の立場でも食品を選ぶ際は必ず原材料の欄をチェックするなどの努力は充分可能ですね。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする