卵かけご飯はハゲの原因?でも食べたいTKGレシピまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 730

日本は卵を生食できる珍しい国

top

引用:http://www.kind.co.jp/ginza/archives/1594

 

数年前に突如として起きた卵かけ御飯ブームはご存知でしょうか?表題にもある【TKG】という卵かけ御飯の略し方もその時に誕生したものです。卵かけ御飯自体は非常に古くから食べられてきたお手軽レシピの定番であり日本人の心ともいうべき白米の美味しい食べ方の定番でした。鶏卵は万能栄養食品と呼ばれ非常に栄養価が高い食品です。それに価格も非常に安く庶民にとっては貴重な栄養源として大変重宝される食品でもあります。この卵は世界中で普及しているためほとんどの国の料理レシピに登場するとてもポピュラーな食材といえます。しかし日本の卵かけ御飯のように生で食べる習慣はほぼ日本だけです。それは寄生虫などの衛生管理の問題で、日本のように生食しても問題無い状態で流通しているケースは非常に稀だからです。

卵を生で食べられるのは日本の高い食品衛生基準の恩恵があればこそなのです。そのためヨーロッパのほうではオムレツを作る場合でもきつね色に焦げるくらいまで焼くのが一般的で、日本のオムレツのような中身が半熟の美しいプレーンオムレツはほとんど食べる事ができないそうです。外国人が日本に遊びに来て食事に感動する事が多いと言いますが、この卵の事情もその典型といえるでしょう。

 

生卵はハゲの原因になる!?

 

usuge1

引用:http://youpouch.com/2013/11/09/141442/

 

TKGブームで美味しさに目覚め人にとっても小さいころから慣れ親しんできた人にとっても卵かけ御飯はまさに日本人の心の味です。ブームの到来とともに登場した専用の醤油で今まで卵かけ御飯を苦手としていた層も取り込みまさに国民食の地位を確かなものにしたこの卵かけ御飯ですがなんと健康面においてある弊害があると実しやかに噂になっている点があります。それが、卵かけ御飯を食べ過ぎると薄毛やハゲの原因に成ってしまうという事です!

理由は定かではないですが卵は一日一個にしておきましょうという健康知識は昔から民間レベルでも広く知られていたような気はします。一日一個とは言わないまでも食べ過ぎは良くないという認識は確かにあります。

 

卵かけご飯が薄毛・ハゲの原因と言われる理由

 

まず前提として、卵自体は非常に育毛効果の高い食材であるということを理解しておきましょう。というのも、卵の黄身には毛髪の成長に必要と言われるビタミン「ビオチン(ビタミンb7・ビタミンH)」が多く含まれています。ビオチンは糖の代謝を促して毛髪の成長を促進する効果があります。

一方、卵の白身にはたんぱく質の一種である「アビジン(アビシン)」と呼ばれる物質が含まれています。このアビジン(アビシン)はビオチンと結合する性質を持っています。そしてこれが卵かけご飯を食べると薄毛・ハゲになるといわれる原因です。本来カラダに吸収される必要があるビオチンはアビジン(アビシン)と結合することによってカラダに吸収されない物質に変化してしまうからです。

つまり、アビジン(アビシン)を摂取することでビオチンがカラダに吸収されなくなり、ビオチンが欠乏。それによって血糖値上昇や脱毛などのビオチン欠乏症状が出て薄毛・ハゲ化!というわけ。

 

・ビオチン(ビタミンb7・ビタミンH)の重要性

ビオチンは腸内細菌によっても合成されますが、必要量を維持する為には食品からの摂取が必要です。ビオチンが欠乏すると口などの炎症やニキビなどの肌トラブルの原因となり、貧血、鬱、抜け毛などの症状が現れると言われています。

つまり、ビオチン(ビタミンH)は育毛だけでなく、人間が健康的に生きる為に必要な大切な栄養素というわけです。

引用:http://rich-hair.jp/tkg.html

 

detail-fig-egg

引用:http://www.malucane.co.jp/egg_pedia/jyoshiki/post-1.html

 

つまり薄毛の原因は白身の部分に含まれるアビシンという栄養価にあったわけですね。白身はタンパク質で構成されているためそれなりに栄養はありますが卵かけ御飯を食べる際には濃厚な黄身の美味しさを薄めてしまう原因になるため嫌う人も多いです。そのため卵かけ御飯を食べる際は白身は除いて黄身だけで食べるのが美味しいし薄毛の原因も無くなりますね。

 

それでも白身を捨てるのはもったいない・・・という人は

 

白身だって貴重なタンパク源だし捨てるのは抵抗がある・・・というとても優れた経済観念を持つ人も多いと思われます。実はこの白身に含まれていて、黄身のビオチンと結合して身体に吸収されなくなってしまう厄介なアビシンですが、加熱してしまえばその性質は無くなります。半熟程度の卵白が固まりかけるくらいの温度でもOKです。そのため卵全体を温めて半熟状態にして卵かけ御飯にするか、白身の部分は取り除き別で火を通して食べるか、このようにすれば白身も無駄なく消費する事ができます。以上の理屈が、卵かけ御飯の食べ過ぎが薄毛、ハゲの原因になるという根拠のようですね。

 

今夜からでも試したくなるTKGレシピ!

 

TKG,卵かけ御飯は非常にシンプルで簡単で美味しい、それでいて和食の神髄ともいえる繊細さを兼ね備えた逸品です。シンプルに卵とご飯と醤油のみという質実剛健な食べ方も良いですが実はこのTKG,様々な応用レシピが存在します。一度試してほしい激ウマレシピを紹介するのでぜひ一度!

 

ネバネバオクラの卵かけご飯の作り方

 

20121126212934_50b360ae0358a

引用:https://nanapi.jp/57443/

 

材料は茶碗にご飯一杯と卵一個、オクラを2,3本、そして麺つゆなどのカツオ風味のタレです。もし適したタレが無ければ醤油と鰹節でもOKです。とにかくオクラにはカツオ風味がよく合います。オクラは画像のように細かく切ってレンジで1分くらい加熱します。ご飯に生卵と加熱したオクラをのせてつゆをかければ完成です。栄養価の高いTKGがオクラによってさらにパワーアップです!朝ごはんにピッタリのメニューですね。

黄身の醤油漬けを作ってTKG!まさに超TKG!

 

20061030134219

引用:http://dt125kazuo.blog22.fc2.com/blog-entry-446.html

 

生卵をご飯にのせるだけというTKGとは少し外れるかもしれませんが、黄身の醤油漬けという激ウマレシピが存在します。これをご飯にかけて食べれば病みつきになる事は間違いありません。作り方は簡単です。卵の黄身を醤油とみりんで割った付けダレに漬けて最低一晩冷蔵庫で寝かせれば完成です。割合は醤油2に対してみりん1です。

完成した黄身の醤油漬けは画像のようにやや固まりゼリー状になります。タッパなどを活用すれば一度に10個くらい作る事は簡単です。一晩寝かせれば十分味は染みますが二日三日と寝かすとさらに味は濃くなります。自分の好みの漬け時間を見つけてみて下さい。これをご飯にのせて食べればそれはもうTKGを超えた、超TKG!その美味さは濃厚で犯罪的。リピート確実といわれています。

 

風味と食感が数段UP!天かす入りTKG

 

20121101134733_5091fee5b8d75

引用:https://nanapi.jp/53431

 

TKGに天かすをミックスする事で新たな食感が加わり、さらに味が数倍にも濃厚となります。画像のように青ネギを入れるとさらに美味しさアップ!好みで七味をかけてどうぞ。こちらは醤油よりは麺つゆのような甘めのタレのほうがよく合います。天かすのサクサク感がこのレシピのキモとなるため天かすは最後に入れてサクサクのうちに召し上がるのが吉です。

 

まさに王道!なめ茸&しらすTKG

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

引用:http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/1414

■材料

・なめ茸 大さじ2・しらす干し 適量・ごはん お茶碗1杯・卵 1個

作り方

お茶碗にご飯を盛り、なめ茸をのせ、真ん中をくぼませて、卵をかける。

 

仕上げにしらす干しを上から散らす。まさに王道の組み合わせですね。

なめ茸にはしっかり味があるので、醤油はなくても大丈夫です。

なめ茸の食感、しらすの程よい塩気がたまりません!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする