見直されるプロテインダイエットがオススメされる理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 459

間違った方法で実行してしまうと、失敗したりリバウンドしてしまったりします。正しいプロテインダイエットを理解すれば、失敗せずにダイエットできると思います。

1012-power-pairs

出展;http://www.womenshealthmag.com

 

プロテインをとるとやせる理由

プロテインとは、「タンパク質」を指しています。なぜタンパク質を摂るとやせるのでしょうか?やせる理由を理解して、ダイエットに取り組みましょう。

 

プロテイン自体はやせる作用はない

プロテイン=タンパク質には、やせる作用はありません。ではなぜ、プロテインを摂るとやせると言われているのでしょうか?それは、プロテインが筋肉を増量させる「もと」だからです。タンパク質は体に必要な三大栄養素の一つで、筋肉、血管、肌や髪などわたしたちの体を作ることに使われています。

 

筋肉を増やして基礎代謝量を上げる

プロテインをとるとやせると言われているのは、筋肉を増加させることで基礎代謝量を上げて消費エネルギーを多くした結果、やせるという効果がもたらされるためです。基礎代謝量とは人間が息をしたり、心臓を動かしたりといった生きるために必要なエネルギーのことです。この基礎代謝に使われるエネルギーは、人間が日で使うエネルギーの70%を占めていると言われているので、基礎代謝量を上げることがダイエットには大切なのです。

fitness_weigh_loss_exercise_gem_magazine_long_island_women_s_magazine

出展;http://www.gemmagazineli.com

 

タンパク質には2種類ある

タンパク質には動物性タンパク質と植物性タンパク質の2種類があります。同じように筋肉などの「もと」となるのですが、少しずつ性質が違うので目的に合ったタンパク質を摂るように心掛けましょう。

 

動物性タンパク質

動物性タンパク質は、肉や魚、卵や牛乳などの食べ物に含まれています。

動物性たんぱく質には飽和脂肪酸やコレステロールが多く含まれているので、メタボが気になる人、コレステロールが高い人、心臓病のリスクがある人などは、脂質やコレステロールの少ない食材を選ぶことも大切です。

http://allabout.co.jp/gm/gc/371351/

 

動物性タンパク質は、体内に吸収されやすく、筋肉になりやすいが、脂肪も変わりやすいのが特徴です。アスリートなどが積極的に摂取するタンパク質です。

 

植物性タンパク質

植物性タンパク質は、豆腐や納豆、ピーナツなどの豆類のほかごはん、麺類、野菜や果物にも含まれています。

動物性たんぱく質の代わりに、植物性たんぱく質をよく摂取する人は、コレステロール値などが良好な場合が多くみられます。植物性の食材にはコレステロールが含まれず、飽和脂肪酸の含有量も低いためです。

http://allabout.co.jp/gm/gc/371351/2/

植物性タンパク質は動物性タンパク質にくらべて、体内への吸収率が落ちるのですが筋肉になりにくい代わりに、脂肪にもなりにくいと考えられてします。

植物性たんぱく質ですが、1つ注目したいのは「進んで摂取しているモデルさんが多い」という点です。

http://matome.naver.jp/odai/2133603428282643901

女優やモデルが、豆を積極的に食べているというのはよく聞きますね。

Mixed Nuts

出展;http://kenkou-8.org

 

プロテイン・ダイエット食品、健康食品には2種類ある

プロテインを手軽に摂取できる健康食品などがたくさん販売されていますが、大きく分けて2種類あります。1つはアスリートが筋肉を増強するために飲むプロテイン。もう1つがダイエットを目的とした、プロテインを含むダイエット食品です。アスリート用の筋肉増強を目的としたものは運動をすることを前提とされていますから、選択を誤るとダイエットできませんので注意が必要です。

 

動物性か植物性か確認が必要

ダイエット用のものだったとしても植物性のものもあれば、動物性のものもあります。自分がどんなダイエットを目的とするのか決め、原材料などを確認しましょう。運動しながらのダイエットだったら動物性タンパク質を多く含むものを、運動はあまりしないダイエットなら植物性タンパク質を多く含むものをお勧めします。

 

動物性プロテインを選ぶなら運動は必須

「プロテインを飲んで太った」という方は、動物性プロテインをとっているにもかかわらず十分な運動をしなかったことが考えられます。動物性プロテインは吸収されやすく、過剰に摂取すると志望として蓄積されてしまいます。筋肉はつきやすいですが、運動することも必要です。

Exercising-for-about-Half-an-Hour-a-Day-Cuts-Womb-Cancer-Risk-by-44-382580-2

出展;http://news.softpedia.com

 

ダイエットのためなら植物性を選ぶ

ジムに行ったりなどの積極的な運動を取り入れない場合、植物性のプロテインを選択するのをお勧めします。植物性のプロテインは吸収率は良くないですが、脂肪になりにくいという利点があります。また、動物性ほどではないにしろ、筋肉を増加させる働きがあることは確かです。

 

プロテインダイエットが見直されている理由

ダイエットには、基礎代謝量を上げることが大切です。そのためには筋肉を増やすことが必要となってきます。そして、筋肉を維持している限りは、暴飲暴食をしなければリバウンドの危険性も少ないです。プロテインを摂っただけではやせませんがが、軽い運動を取り入れながらプロテインを接種すれば、効率の良いダイエットの効果が期待できるのです。

woman+exercise+fitness

出展;http://fitnespal.blogspot.jp

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする