ダイエット中、肉を食べてはいけないは嘘?!3つの理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 523

お肉はカロリーが高いし、ダイエット中は食べてはいけないものと考えている人は多いと思います。でも、実はカロリーを控えたいと思って野菜ばかり食べているとダイエットを失敗してしまう可能性が高いのです。

 Woman-with-sausages-simulating-lip-enhancement-shes-dreaming-of-filler-injection-via-Shutterstock-800x430

出展;http://www.rawstory.com

 

肉はエネルギーを燃焼させるのに必要

 

お肉は基礎代謝アップにつながる

ダイットを成功させ、なおかつリバウンドせずに持続させるには、基礎代謝量を落とさないようにすること、そして、できれば基礎代謝量がアップするようにすることが重要です。

 

基礎代謝とは

基礎代謝とは運動等を特にしなくても、呼吸をしているだけで消費される生命維持に必要なエネルギーのこと。この基礎代謝で使われるエネルギーの量は、人間が1日で消費するエネルギーのおよそ70%も占めると言われています。ですから、ダイエットに基礎代謝量の維持は大切なことなのです。

 happy young woman with measure tape

出展;http://www.chrisjamescleanse.com

 

基礎代謝量アップには筋肉が必要

基礎代謝量のアップには筋肉が必要です。筋肉を作る元がお肉に多く含まれるタンパク質です。野菜ばかり食べてタンパク質が不足すると筋肉量が落ちて基礎代謝量も落ちてしますのです。

 

肉を食べること自体が基礎代謝を上げる

肉は炭水化物などと比べると消化に時間がかかる食べ物です。内蔵に負担がかかるので、胃腸が弱っているときには避けたほうがいいですよね。しかし、適度に食べることによって基礎代謝アップにつながるのです。

よく、肉は消化に悪いといいますが、適度に食べることによってそれを消化するために内臓の代謝が上がるのです。内臓の代謝は基礎代謝の大きな部分を占めていると言われており、食べること自体が代謝アップにも繋がるとも考えられます。

http://nikkan-spa.jp/663187

 ダウンロード (2)

出展;http://1mhowto.com

 

脂肪を燃焼させるカルニチン

お肉には「Lーカルニチン」という栄養素が豊富に含まれています。カルニチンは脂肪を燃焼させる作用があるのです。

 

 

肉は実は太りにくい

お肉は実は、他の食べ物と比べて太りにくい食べ物なのです。

 

肉は脂肪になりにくい

お肉と炭水化物を比べてみると、脂肪として蓄積されやすいのは炭水化物なのです。

 

肉は消化・吸収に時間がかかり、食べると体内で多くのエネルギーが消費されます。つまり肉は野菜よりカロリー高めですが、それがそのまま体脂肪になるのでなく、身につく分は少ないのです。

http://fytte.jp/tips/tabeyase/1210/post_18.php

 

炭水化物は体内に吸収されると糖となって素早く吸収されます。脳の唯一の栄養源であり、体を維持するのに必要なものではありますが、性質上脂肪として蓄積されやすいのです。それに比べてお肉は、体内に吸収されるとまず最初にアミノ酸になります。アミノ酸は筋肉やお肌を作る元となるもので、すぐには脂肪にならないのです。摂り過ぎた分は肝臓で糖として作り変えられ脂肪になってしまいますが、炭水化物と比べるとはるかに脂肪になりにくいのです。

Various

出展;http://www.marieclaire.co.uk

 

肉を食べないと甘いモノが欲しくなる

 images (3)

出展;http://www.losingweightdone.com

 

ダイエット中って無性に甘いものが欲しくなりますよね。それは肉などに含まれる「チロシン」というアミノ酸が不足しているせい。「チロシン」が「甘いものが食べたい」という欲求を抑えてくれます

http://beautytrip.net/choice/meat/

 

朝食にタンパク質を積極的に取るとお腹が空きにくくなるという研究結果もあります。

 

高タンパクの朝食をとっていたグループは、朝食後も満腹感が継続し、食欲を調節する脳の部位の働きも低下していることが判明。また、高タンパクの朝食をとると、砂糖や脂肪分の多い夜の間食が別のグループに比べて少ないという結果にもなった。

http://rocketnews24.com/2013/03/30/310437/

 

太らないお肉の食べ方

 

1日の摂取量

1日に100gのお肉を週に3回は食べるようにしましょう。よく食べる料理に含まれる100gのお肉とは以下のとおりです。

【料理に含まれるお肉の量】

  • 焼き肉……1枚約15~20g、約5~6枚で100g分
  • とんかつ……ロース1枚で約100g、ひと口カツは約4個で100g
  • 豚の生姜焼き……1人前約100~150g
  • 鶏の唐揚げ……約3~4個で100g
  • 焼き鶏……1本で約70g
  • ハンバーグ……1人前1個で約100g
  • 肉入り焼き餃子……1個に約10g
  • ステーキ……1人前150g前後
  • フライドチキン 1個……約100g
  • 肉入り野菜炒め……1人前に約50~80g
  • ウインナー……約3本で50g
  • 肉じゃが……1人前に約50g

http://allabout.co.jp/gm/gc/67894/2/

 

どんなお肉を選べばいいの?

脂の少ない部位を選ぶ

脂の部分が多いとそれだけカロリーが高いことになります。脂質は即脂肪になりやすいのでダイエット中は控えましょう。ハンバーグや餃子などに使われるひき肉には脂が多く含まれています。気が付かないうちに、脂質を多く摂ってしまうことになるので気をつけてください。

 

赤みのお肉を選ぶ

赤みの濃い肉ほど「L-カルニチン」が多く含まれています。特に牛肉の赤身に多く含まれており、オーストラリア産のオージービーフなどオススメ。

http://m3q.jp/t/385

 Breast-Cancer-Risk-Associated-With-Red-Meat-Consumption

出展;http://www.viralglobalnews.com

 

お肉はダイエットの見方

上手に食べればお肉はダイエットの見方です。適度にお肉を食べてダイエットを成功させましょう。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする