はみ出た背肉をスッキリ落とす方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 56

普段は自分からは見ない背中ですが、他人からはよく見えるもの。薄着の季節になると背中のぜい肉がまる分かりになってしまいます。ブラジャーに食い込んだぜい肉は実際よりも太って見えてしまいますし、老けて見える要因にもなってしまいます。

skinny-obese-woman-back-to-back

出展;http://pixshark.com

 

背中にぜい肉がついてしまう原因

背中にぜい肉がついてしまう大きな原因はやはり肥満です。その他の原因としては、加齢や猫背などの姿勢の悪さなどがあげられます。

 

肥満と加齢

加齢が原因の一つではありますが、年を取ればだれでも背中にぜい肉がつくわけではありません。カロリーが多い食生活で、さらに背中の筋肉が使われないことによってぜい肉がつき、たるんでしまうのです。スポーツやエクササイズで背中を動かしていれば年令を重ねてもぜい肉がつくことはありません。

 

猫背

猫背の姿勢で前かがみになることが多い人は、背中の筋肉を使うことが少ないので背中にぜい肉がついてしまいます。

 

正しい姿勢で背肉を落とす

まずは正しい姿勢を身につけることが大事です。猫背は背中にぜい肉がつく原因になるだけでなく、体の歪みにつながってしまいます。体が歪んでいると背中だけでなくついてほしくないところにぜい肉がついてしまうのです。

 ダウンロード (1)

出展;http://excellenceintouch.com

 

猫背は筋肉を衰えさせる

筋肉は使わなければ衰えてしまいます。猫背で緩んだ姿勢でいると筋肉は使われません。筋肉が衰えると基礎代謝が落ちてしまい太りやすくなってしまいます。その結果、色々なところにぜい肉がついてしまうのです。正しい姿勢をキープできないとエクササイズを行っても効果が出ません。

 

正しい姿勢

正しい姿勢をとるにはどうすればいいのでしょうか?

・息を吸っておなかを引っ込め、内臓を上に持ち上げる感じにする

・肩を下に押し下げ、首の後ろを伸ばす

・ヒップは力を入れてしめ、歩く時も常にこの状態をキープする

この姿勢で歩くと筋肉が引き締まるだけでなく、消費エネルギーが増えるためダイエット効果が期待でき、これが背中の肉を落とすことにも繋がっていきます。

http://bihada-mania.jp

 

 

背中のぜい肉を落とすエクササイズ

背中のぜい肉を落とすには、やはりエクササイズをするのが効果的です。

 woman-with-strong-back

出展;http://www.sheknows.com

 

肩甲骨を意識したエクササイズ

背中のぜい肉がはみ出て見えるのは、肩甲骨のあたりですよね。肩甲骨を意識してエクササイズを行ってみましょう。

 

肩甲骨を締めるエクササイズ

 

  1. 両脚を肩幅くらいに開いて立ち、両腕を後ろでで組む
  2. 息を口から細く長く吐きながら組んだ腕を少しずつ持ち上げ、背中の筋肉が固くなったと思えるところで10秒キープ。
  3. 鼻から呼吸をしながら、もとの姿勢に戻すようにして、これを10回行う

http://bihada-mania.jp

肩甲骨で背中をぎゅっと押す気持ちでやるとうまくできます。

 

肩甲骨の周りをきたえるエクササイズ

腕を後ろに伸ばしゆっくり上にあげていきます。急に動かすのではなくゆっくり動かすことが大切です。

息を吸いながら10秒あげます。はきながらおろします。肩甲骨まわりに贅肉は付きやすいので意識しながら動かしていきます。ペットボトルに水を入れて上げ下げするのはさらに効果的です。

1セット10回ぐらいから始めて自分のペースに合わせて回数を増やすようにしてください。

http://dietbook.biz

 

両手を前に出し肘を後ろに持ってくるように曲げます。このときも肩甲骨を意識しながら動かしていきます。激しい運動ではないですが肩甲骨まわりの贅肉に効果的です。

http://dietbook.biz


どれも簡単で場所も取らずにできるエクササイズです。トイレや更衣室などでもできますね。このエクササイズは肩こりも改善してくれます。


ダンベルエクササイズ

  1. 両足を肩幅に開き、両手にダンベルを持ってまっすぐに立つ
  2. ダンベルを持ったまま膝を曲げて、上体を前に倒す
  3. 肘を後ろに引いてダンベルを引き上げる
  4. 1の姿勢に戻る

http://bihada-mania.jp/blog/8714

 1303-15minwo

出展;http://www.womenshealthmag.com

 

ダンベルがなくてもペットボトルに水を入れたものでも代用できますね。ペットボトルを使えば重さの調節もできるので、自分にあった重さで行ってください。

 

 

タオルを使ったエクササイズ

タオルを使った運動です。フェイスタオルを伸ばして両手で持ち、前から頭の後ろを通るようにして肩甲骨のあたりまでおろします。これをゆっくり10回ほど繰り返します。前から後ろ、後ろから前というふうに行います。

http://dietbook.biz/zenakazeinikuotosu-846.html

 

食生活や睡眠を大切に

背中のぜい肉が気になるとき、多くの場合、背中だけでなく他にも余分なお肉がついてしまっていることが多いと思います。全体的にダイエットしないと背中のぜい肉を取ることは難しいので、バランスの良い食生活、適度な運動、十分な睡眠時間など普段の生活から整えることが大切です。

からだを動かすように心がける

わざわざジムに通ったりしなくても、普段の生活を少し意識するだけでからだを動かすことはできます。普段の生活の中で体をちょっとずつ多く動かすようにすれば負担に感じることもないですね。

images (2)

出展;http://www.femside.com

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする